ニュース

国内女子ニトリレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

日本でわずか3人 ゴルフ専門スタートアナの職人芸

2018/08/28 11:45

◇国内女子◇ニトリレディスゴルフトーナメント 最終日(26日)◇小樽CC (北海道)◇6628yd(パー72)

専業としては、日本に3人しかいない職業なのだという。

「お待たせいたしました。最終組のスタートです」。ゴルフの試合会場でティオフ前に選手を紹介するのは、スタートアナウンサー(スタートアナ)。ツアー観戦の経験がある人にとっては、聞き覚えがあるに違いない。スタートホールや最終日の最終ホールで、声で大会を盛り上げる重要な役目を担っている。

3人のうちの1人、キャリア18年目のフリーアナウンサー川口祥孔(さちこ)さんは「私たちの仕事はギャラリーサービス。お客さんにどういう選手かを紹介するのが仕事」と説明する。男女、シニアを合わせて年間約20試合を担当するベテランだ。1993年から野球やサッカーなどを担当してきたが、結婚を機にゴルフ専門となった。

1日の職務は夜明け前から始まる。1組目スタート(今大会では午前6時45分)の2時間前にはコース入り。雨などの悪天候でも野外のマイク前にかじりつき、任務を遂行しなければならない。

最終組のホールアウト後、翌日の組み合わせの発表を確認し、選手紹介の原稿を作成。コースを出るのは午後6時ごろで、試合会場での滞在時間は1日12時間以上になることもある。

「マインドが体育会系じゃないとなかなか続かない」と明かすものの、「楽しいのは選手紹介をしてお客さんが盛り上がってくれるところ。それにいいショットを打って気持ち良くスタートしてくれたらうれしい」と話す。

31年のキャリアを誇るフリーアナウンサーの崎間栄子さんは、自らの職業について「いざやってみると、すごく地味。私は『放送係』って呼んでいます」と語る。「話す姿を見て格好いいなと思ってくれる人がいるかもしれないが、本当にゴルフが好きじゃないと続かない」。アナウンサーという言葉の華やかさと実務のハードさがかけ離れており、後継がなかなか育たない実情はあるようだ。

仕事のコツを「できるだけ余計なことは言わないようにしている。変なコメントを言ってプレー中に気になっても困るので」。ある選手からはアナウンスを聞くと「気持ちが落ち着きます」と言葉をかけられたり、風邪気味で鼻声だと心配する声が届くこともある。

発音で難しいのはタイの選手と話し「キラデク・アフィバーンラトとか本人に聞いても通訳の人に聞いても正解が分からない。だから変にアクセントをつけず、普通にアナウンスします」とこだわりを強調した。

シーズンは折り返しを迎えたが、観戦に出かける機会があれば、プレーに加えてアナウンスの職人芸にも注目したい。(編集部/玉木充)

おすすめ記事通知を受け取る

玉木充(たまきみつる) プロフィール

1980年大阪生まれの乙女座O型。172cm、56kg、右利きの黒髪短髪で趣味はイタリア旅行。野球、相撲、サッカーなどを取材したスポーツ新聞を経て2017年7月にGDO入社。好きな野球選手は元広島カープのザガースキー。ゴルフに関する最も古い記憶は「プロゴルファー猿」の旗つつみ。プレーは鋭意勉強中。

関連リンク

2018年 ニトリレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。