ニュース

国内女子ニッポンハムレディスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

将来はいい女将さんに? 勢と婚約の比嘉真美子

2018/07/09 11:30


◇国内女子◇ニッポンハムレディスクラシック 最終日(8日)◇アンビックス函館倶楽部 上磯ゴルフコース(北海道)◇ 6378yd(パー72)

大相撲・東前頭2枚目の勢との婚約が明らかになったツアー4勝の比嘉真美子。「しばらくはお互いの競技に打ち込む生活が続いていくが、競技以外は私の持っている力すべてを使って、関取を支えていきたい」と今後の見通しを語った。

<< 下に続く >>

力士とプロゴルファーという異色のカップルだが、過去には阿武松親方(元関脇・益荒雄)と奥村久子さんのケースがある。コンペがきっかけで知り合って1995年に結婚。奥村さんは現在、阿武松部屋の女将として部屋を切り盛りしている。

比嘉は「将来的には女将さんになる可能性もある。ただ、現時点では関取自身も少しでも長く相撲を取りたいと言っているので、親方になるにしろ、違う道に進むにしろ、私はサポートしていければ」と語る。

もちろん、全国各地を転戦するゴルフのツアー選手と、年6場所開催される大相撲の部屋の女将は両立不可能だ。女将さん業は相撲部屋の運営全てに関わる。縁の下の力持ちと言っても過言ではなく、弟子の教育から始まり、金銭面の管理、支援者への挨拶回りなど仕事は多岐にわたる。100キロを超える男たちとともに24時間仕事漬けの日々だ。

ただ、今季1勝を挙げて賞金ランキング4位につける24歳にとって、その素質は問題なさそう。2018年には日本女子プロゴルフ協会と選手間の取りまとめ役となるプレーヤーズ委員長に就任した。上田桃子木戸愛鈴木愛ら10人の委員から推薦されての人事で、人望は厚い。長年、ゴルフで培ってきたマネジメント力も発揮できそうだ。

「ゴルフは長時間プレーするスポーツで、相撲は逆に数秒で終わってしまう。全く正反対ですが、その一瞬にかける集中力や気持ちの持っていき方が勉強になります」と、お互い切磋琢磨する仲。遠い未来の話はひとまず置いて、現役バリバリの2人はまず、それぞれの仕事場で力を尽くす。(北海道北斗市/玉木充)

おすすめ記事通知を受け取る

玉木充(たまきみつる) プロフィール

1980年大阪生まれ。スポーツ紙で野球、サッカー、大相撲、ボクシングなどを取材し、2017年GDO入社。主に国内女子ツアーを担当。得意クラブはパター。コースで動物を見つけるのが楽しみ。

関連リンク

2018年 ニッポンハムレディスクラシック




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!