ニュース

国内女子サイバーエージェント レディスの最新ゴルフニュースをお届け

アマチュアがツアーのレベルを引き上げる!?

4月の「KKT杯バンテリンレディスオープン」で15歳の勝みなみが史上最年少優勝を果たし、その勝が再び試合に出場するとあって、先週の「サイバーエージェントレディス」では、開幕2日前に異例の共同記者会見が行われた。

最大の注目は石川遼(当時16歳)を大幅に塗り替える最年少プロゴルファー誕生なるかだったが、会見で勝は「高校に入ったばかりですし、卒業まではプロ転向は考えません」と優勝で掴んだ有効期限(4週間)以内でのプロ転向はないと断言した。

<< 下に続く >>

“私、なにか変なこと言いました?”とでも続けそうな素の表情が印象的だった。勝としては特別悩んだ訳でもなく、ことも無げに答えたひと言。周囲の大人たちも、納得してうなずくしかない。優勝した直後から1度も心が揺らぐことはなかったという。

その勝は大会初日に出遅れ、2日目も伸ばせず予選落ちに終わった。その2日目に今度は堀琴音(18歳)と森田遥(17歳)が、ツアー史上初となるアマチュア2選手が首位となった。

さすがに、この状況には同大会に出場中のプロたちにも焦らないわけがない。最終日に2打差でアマチュアを追いかけることになった一ノ瀬優希は「アマチュアはプレッシャーがないから攻めることを怖がらないし、緊張もしていない。ただ毎週のように上位に来ているので、プロとしてはその上に立たなければ」と背筋を正した。

また、日本女子プロゴルフ協会の小林浩美会長は、最終日に上位でスタートする選手たちに「頑張って」と、プロの威信にかけても優勝を狙って欲しいとエールを送った。スーパーアマチュアは1人で十分、2人も3人も出現してしまってはプロの立場がないというのが協会関係者の心情だ。

その最終日はアマチュア2選手とラウンドした元世界ランキング1位の申智愛(韓国)がスコアを伸ばしたが突き抜けることができず、前半を終わって申、森田、一ノ瀬が首位で並ぶ展開に。そして、最終18番で劇的なチップインイーグルを奪った一ノ瀬が、2位の森田を振り切って今季2勝目を果たした。

「試合に出ればプロもアマも関係ないとは思いますが、1年に2回もアマチュアに勝たれるのもどうかなと思って・・・。勝てて良かったです」と嬉しそうに話す一ノ瀬。のびのびとしたプレーをするアマチュアの躍進が、女子プロたちの精神面や技術のレベルアップに一役かっているとも言えそうだ。(千葉県市原市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 サイバーエージェント レディス

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには立浦葉由乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!