ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

セミラフ無し これが日本女子のメジャーセッティングだ!

北海道の恵庭CCで開催されている今季の国内女子メジャー第2戦「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」。メジャー大会特有の難易度の高いセッティングが施されており、幅20~30ヤードに狭められたフェアウェイの両脇には、すぐに70~80ミリの深いラフが待ち受けている。通常のトーナメントでは設定されている「セミラフ」の部分が無いため、ティショットの精度がスコアに直結する仕様となっている。

ここ数ヶ月の北海道の天候不順も、セッティングには微妙な影響を与えている。フェアウェイは軟らかく、ランが出にくい。練習ラウンドではパーオンできない選手も少なくなかったため、「届かないのはいかがなものかと思う」という入江由香大会実行委員長の方針の下、初日、2日目といくつかのティグラウンドが前に出された。

<< 下に続く >>

「(優勝スコアは)2桁は行って欲しい」というのが主催者でもある日本女子プロゴルフ協会の目論見。2日目を終えてトップの7アンダーというスコアは、ほぼ狙い通りと言えそうだ。

2日間を通算イーブンパーで終えた森田理香子は、ショットが右に出てラフに捕まることが多く、思うようにスコアを伸ばせなかった。同じく通算イーブンパーの堀奈津佳はこの日、11番の第1打が左の木にくっつき、2打目はかろうじて右後ろのラフに出すだけ。そこからの3打目でグリーンを捉えられず、4オン3パットのトリプルボギーを喫した。

初の大会制覇を目指す横峯さくらも「前半はフェードを打つことができなかった」と3ボギーを献上し、ショットを修正した後半にようやく2バーディを取り返して、なんとか通算イーブンパーで切り抜けた。

コースセッティングアドバイザーの岡本綾子氏は、「私たちが若い頃は湿気が少なくて、もっとヘッドが抜けていた。今は湿気が高くなって、ヘッドが抜けにくい」と、現在の芝質の技術的な難しさも付け加える。

良いショットには報酬を、悪いショットにはペナルティをという協会の方針は、2日目を終えて7アンダーから26オーバーまでと幅広くばらけたスコアからも、狙い通りにいっているようだ。

その週に一番良いゴルフをした選手が勝つという当然の事実。ほかの選手と争うだけではない。コースとの厳しい戦いを4日間耐え抜き、最後にメジャーチャンピオンの称号を勝ち取るのは誰か?(北海道恵庭市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

今岡涼太(いまおかりょうた) プロフィール

1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

関連リンク

2013年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯

GDO パーソナルサービス

GDO パーソナルサービス
選べるモバイルサービス。見たい時にいつでも見れる、GDOモバイルのニュース速報。石川遼オフィシャルモバイルサイト。GDOポイントが貯まる、ゴルファーのためのGDOカード。通常プレーすることができないゴルフ場が予約できるGDOプレミアム倶楽部。GDOが主催するレベル別の競技イベント、各コンペなど、あなたのゴルフライフをサポートとします。



特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!1月のマンスリーゲストには小林瑞季プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!