ニュース

国内女子KKT杯バンテリンレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

リ・エスド「ジンクスは作らない」それが好成績の秘訣!?

2013/04/19 21:05


熊本県で開催されている「KKT杯バンテリンレディスオープン」初日、韓国のリ・エスドが3バーディ、ノーボギーの「69」をマークして3アンダー単独首位に立った。今大会はエスドにとって、昨年も初日、2日目と首位に立つなど好相性と言える大会。昨年は最終日にスコアを伸ばせずに初優勝を果たせず、「あの時は、結果ばかり見てしまって、いいゴルフができなかった」と唇を噛んだ。

この日、トップスタートの2サムでティオフしたエスドは「トップスタートだったのと、2サムでのラウンドだったので、気持ちに余裕を持ってラウンドできた」と、前半に3つのバーディを奪って首位に立った。「今年に入って優勝争いに加われるチャンスもあり、良い成績が残せている」という言葉通り、「PRGRレディスカップ」、「ヤマハレディース」では上位争いに名を連ねた。

<< 下に続く >>

「昨日まで、集中力や気持ちの部分で準備を整えてきた」と話すエスドは、優勝以前に、常に出場選手の中でナンバーワンになりたいという気持ちでトーナメントに臨んでいる。“自分のゴルフを信じて、プレーできるかどうか”に重点を置き、あくまで優勝というのはその結果に過ぎないと言う。

プロ転向から7年、昨年のオフは自分の足りないものを改めて見つめ直し練習に励んだ。日本ツアーの仲間や、エスドを支える周囲のアドバイスを聞いて“プレーのリズム”も改善した。ジンクスさえも敢えて作らないというエスドは、「(ジンクスを)持っていた時期もあります。でも『こうしよう、ああしよう』ということから解放されたことで、今のようないいゴルフが出来るようになった」と効果も生んだ。

疲れていたら休む、食べたいものは食べたい時に食べる、と、その考えはあくまでシンプル。空理空論、無駄を取り除くことで、よりゴルフに集中できる環境がエスドを強くしている。ただひとつ、エスドがこだわりを挙げるとすれば、「トーナメントの最終日には、それぞれの大会カラーにマッチするウエアを選んでいる」との意外な答え。その調和から生み出されるパワーが、初勝利に挑むエスドの後押しになれば良い。(熊本県菊池郡/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

糸井順子(いといじゅんこ) プロフィール

某自動車メーカーに勤務後、GDOに入社。ニュースグループで約7年間、全国を飛びまわったのち、現在は社内で月金OLを謳歌中。趣味は茶道、華道、料理、ヨガ。特技は巻き髪。チャームポイントは片えくぼ。今年のモットーは、『おしとやかに、丁寧に』。

関連リンク

2013年 KKT杯バンテリンレディスオープン




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!