ニュース

国内女子ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

ツアー3勝目のイム・ウナ「日本が好き!」

国内女子ツアー「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフ」の最終日に、スコアを2つ伸ばし通算5アンダーで逆転優勝を果たしたイム・ウナ(韓国)。2008年のツアー初優勝以来、これで3年連続での3勝目となるが、今季も何度と優勝のチャンスはあった。

「最終日にスコアを崩してしまったり、緊張してしまうので、今日は優勝を意識しないでラウンドしました。でも、15番ぐらいからドキドキし始めて、深呼吸をしたりして気持ちを抑えながらプレーしました」と言う。

先週、日本ツアーで初の韓国勢による、1位、2位、3位のトップ3独占となったが、今週も、それも先週とは異なるメンバーでのトップ3独占。韓国選手の強さの秘訣については「難しい質問ですね。日本の選手も韓国の選手も試合ではみんなライバルですので。ただ、韓国の選手はみんなパッティングは上手いですね」と話すウナ。

日本ツアーは今年3年目を迎えているウナは、すでに日本語はほとんど聞き取れる状態で、ゆっくりならば話すことも問題はない。日本に来たばかりのころは「いずれ米ツアーに挑戦をしたい」と話していたウナだが、今は「米ツアーは全く考えていません」と、その考えを改めた。

日本でツアーを転戦するうちに、生活環境に慣れ、日本食も好んで食べるようになった。「すしが好きです。すき焼きも好き、肉が好きですね。今週は仙台に来て毎日牛タンを食べました。あと、お団子の上に豆が乗った(ずんだ餅)もおいしいですね」と頬を緩める。

そして、今週はプロアマ戦が行われた木曜日と大会2日目の土曜日が寒かったが「体が冷えたときはホテルのお風呂にゆっくりと浸かって温まっています」と、韓国では習慣としてシャワーを浴びる程度といわれるが、ウナは日本人のように湯に浸かるようにしているという。異国のツアーで活躍するには、その国の生活習慣に慣れることが必要だが、ここまで日本人と変わらぬ生活を送る選手も珍しい。(編集部:本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには三ヶ島かなプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!