ニュース

国内女子ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

朴仁妃、自身のキャディに指摘され2打罰を許容

2010/05/08 18:45

今季の国内女子ツアー5試合に出場し、優勝1回2位4回と抜群の安定感を誇る朴仁妃。今週の国内初メジャー「ワールドレディスサロンパスカップ」でも、2日目を終えて首位と8打差の14位タイと、上位キープのプレーを続けていた。

宮里藍飯島茜と同組となった大会3日目、1番でバーディを奪った朴だったが、4番でティショットをOBしてしまい、トリプルボギー。続く5番ではティショットを曲げてのボギー。それでも上がり2ホールで連続バーディを奪い、この日「74」、通算5オーバーで戻ってきた。

<< 下に続く >>

アテスト小屋に向かう朴。その時、朴のキャディ・フレッドが、朴が5番の第2打を打とうとした時に、クラブが松の枝に当たり、その際に葉っぱが落ちたことを朴本人に伝えたという。朴のマーカーだった飯島は説明する。「(朴が)打とうとしたら、バックスイングで枝に当たって(スイングを)止めたのは見えました。でも、何かが落ちたとか、そういうのは分からなかったです」。

朴本人はその事には気付いていなかったが、一番近くで見ていたキャディの指摘を受け入れ、ライの改善による2打罰を認めたという。これにより、朴の5番のスコアはトリプルボギー。この日「76」、通算7オーバーの28位タイで3日目を終えることとなった。

朴の母、キム・ソンジャさんによると、落ちたのは細い松の葉っぱが僅かに1枚!もしかしたら誰も気付かなかったかも知れない些細な出来事だ。それでも、それを隠すことをしなかったキャディ、そしてその指摘をすぐに受け入れた朴の判断は賞賛に値する。そんな朴は、今でも「PRGRレディス」の優勝は本当は自分だったと信じているという。(編集部:今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

今岡涼太(いまおかりょうた) プロフィール

1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

関連リンク

2010年 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには澁澤莉絵留プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!