ニュース

国内女子フジサンケイレディスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

負けて悔しい!新人の藤本麻子に勝利の予感

2010/04/25 18:06

最終日になってようやく川奈らしい強風が吹き始めた今年の「フジサンケイレディスクラシック」。最終組の一組前で回る藤本麻子が、首位に1打差に迫って迎えた17番パー3で事件は起こった。

ティショットをピン上のカラーにつけ、ファーストパットを1.5mオーバーした藤本。返しのパーパットは優勝争いに踏み止まるには絶対に外せないパット。慎重にラインを読み、アドレスに入ろうとした瞬間、藤本のボールが僅かに動いた。

<< 下に続く >>

今年は第2戦の「PRGRレディス」で朴仁妃が同様の状況でリプレースせずにプレーを続け、最終的に優勝を取り消される2打罰を科されている。その場ですぐに競技委員を呼んだ藤本だが、事情を説明し、競技委員が無線でやりとりをする間、その重要なパットを待たなければならなかった。

見ている方が気を揉む場面だったが、当の藤本は「動いた瞬間はアドレスに入っていなかったので、(それを)言い切って、競技委員さんがやりとりしている時間にたっぷりラインを読みました。逆に動いてくれて良かったですね」と泰然自若。新人らしからぬ落ち着きで、このパーパットもきっちりとカップに沈めた。

最終18番はボギーとしたものの、通算5アンダーでホールアウトした藤本は、自己最高位となる2位タイフィニッシュ。それでも、「悔しいですね」と喜びよりも、掴み損ねた勝利の方に思いを巡らせた。

「やっぱり簡単には勝たせてくれないなと。でも、こういう経験を常にしていけば勝利の女神も私に振り向いてくれると思います。来週も気を緩めずに強気なゴルフをやっていけば、(優勝は)遠くはないと思いました」。

既に今季の獲得賞金は1318万円で、ランキングは8位につける。シーズン当初から期待通りの活躍を見せる藤本の若いプレーが、国内女子ツアーに活気を与えていることは間違いない。(編集部:今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

今岡涼太(いまおかりょうた) プロフィール

1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

関連リンク

2010年 フジサンケイレディスクラシック




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!