ニュース

国内女子ヤマハレディースオープン葛城の最新ゴルフニュースをお届け

過酷な自然との戦いが、一番の強敵!?

連日、荒れた天候に見舞われている「ヤマハレディースオープン葛城」。初日は低気圧に伴う大雨と強風の影響によりスタートが3時間遅れ、日没サスペンデッド。2日目は晴れたと思いきや、再びの強風により全体的にスコアが崩れ、この日アンダーパーをマークしたのは僅かに4人。通算でも、アンダーパーは首位の古閑美保天沼知恵子、たった2人だけとなってしまった。

この日、会場の葛城ゴルフ倶楽部に所属する、男子プロの藤田寛之が訪れていた。「このコースでは、こんな風はいつもですよ。でも、女性には厳しいかもしれないですね」。特に6番ホールは、ロケーションの関係上、今日のような南西の風の煽りをモロに受けてしまうという。

<< 下に続く >>

その6番ホール、確かに他のホールとは風の質が異なる。とにかく突風が頻繁に起こり、グリーン上でボールが動いてしまう選手もチラホラ。それ以外のホールでも断続的に風が吹き続け、ほとんどの選手の口調は風への恨み節だった。

その中で首位に並ぶ2人は、耐える展開は大いにウェルカム。「最終日も今日くらい荒れれば面白くなる」と古閑が言えば、「凌ぎ合いはすごく集中できるので、大好き」と天沼。とは言え、逆に被害者となる可能性もあるのが自然との闘い。明日の最終日、コース特有の舞うような風と同様、先の読めない展開になる予感・・・。(編集部:塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

塚田達也(つかだたつや) プロフィール

1977年生まれ。工事現場の監督から紆余曲折を経て現在に至る。35歳を過ぎてダイエットが欠かせなくなった変化を自覚しつつ、出張が重なると誘惑に負ける日々を繰り返している小さいおっさんです。

関連リンク

2010年 ヤマハレディースオープン葛城




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには澁澤莉絵留プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!