ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

6インチルールを使う人、使わない人

2006/09/08 18:00

芝の生育状況も思わしくなく、その上初日は雨にたたられた日本女子プロゴルフ選手権大会。コース上のベアグラウンドや、水溜りを避けるために、予選2日間は6インチルールという救済策が施行された。これは、スルー・ザ・グリーンにある球はそれを拾い上げて拭き、6インチ(約15センチ)以内にリプレイスすることが出来るというものだ。

これは、選手にとって有利なことは間違いない。例えばフェアウェイのディボッドに落ちた球はその脇に置き直すことが出来るし、ラフに埋まった球も拾い上げて、より良いライの上に置くことが出来るからだ。

<< 下に続く >>

ここまで通算6アンダーで、宮里藍に並ぶ暫定首位の肥後かおりは、「6インチじゃなかったら、こんなスコアにはならなかったですね。でも、ラッキー・アンラッキーがないので、ある意味フェアな大会なんじゃないでしょうか」と振り返る。確かに肥後は何度もこのルールを使用していたが、それは肥後に限ったことではない。

2日間で15回は使ったという宮里も、「ラフも含め、動かせるのはいいですね」と肯定派。ただし「メジャーなので、そういうルールを使わないといけないのは残念ですけど」と付け加える。

一方で、このルールを一度も使わなかったのが女王不動裕理だ。彼女は言う。「本来ゴルフはあるがままで、手をつけるスポーツではないので。この大会だけ考えれば確かに上位には行けないかもしれないけど、毎回6インチを使えるわけじゃないし、長い目で見ればそのまま打ったほうが自分の為になると思います」。出来過ぎのようにも思えるが、文字通り「不動」ということらしい。

こんな人が勝ってしまったら、動かした選手の立つ瀬はなくなる・・。(編集部:今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

今岡涼太(いまおかりょうた) プロフィール

1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

2006年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!