ニュース

国内女子アコーディア・ゴルフレディスの最新ゴルフニュースをお届け

宅島美香、桃子に「ちょっとでも近づきたい!」

2008/03/14 18:36

国内女子ツアー第2戦の「アコーディア・ゴルフ レディス」の大会初日。アコーディア契約プロとしてのプレッシャーをはねのけた宅島美香が、トップと2打差の3アンダー、4位タイの好スタートを決めた。

上田桃子諸見里しのぶと同世代の21歳。05年に日本女子学生を制した宅島だが、06年にプロ入りしてからは未だシード権を獲得出来ずにいる。昨年のQTはファイナルまで進んだが、本来の力を出し切れずに76位に終わり、今季出場できる試合は限られている。賞金女王を獲得した上田のことは、「本当に凄い!ちょっとでも近づけたら」と、今はまだ雲の上の存在といったところだ。

「QTの時から技術的には何も変わっていません。当時は何でもマイナス思考で考えていたので、それをプラス思考で考えられるように色々な話をしただけです」と、コーチの橋本大地氏は言う。片山晋呉の「この世界は自分を信じられなくなったら、弾き出される」という言葉を、2人は真摯に受け止めたという。

一番不安なのは体力だという宅島だが、シーズンオフには地道な筋力トレーニングを積み重ね、「ちょっとずつ(クラブを)振れるようになって、飛距離も伸びています」と、その効果も出始めた。

今季から国内女子ツアーのトーナメント出場規定に、「直近の試合で3位タイまでに入ったTPD登録者」という項目が加わった。「それを目指してやりたいです!」と、目を輝かせる宅島。橋本コーチは、「これまでは『そんなの私には関係ない』って感じだったけど、今はそれを聞いて『やったー』って喜べるようになった」と、そんな所にも宅島の精神的な成長を感じ取った。(編集部:今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

今岡涼太(いまおかりょうた) プロフィール

1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

2008年 アコーディア・ゴルフレディス




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。