ニュース

国内女子フジサンケイレディスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

昨年は“現役女子大生”で優勝、今年は…

2008/04/24 17:58


昨年の「フジサンケイレディスクラシック」で初優勝を遂げた佐伯三貴が、ディフェンディングチャンピオンとして川奈に戻ってきた。当時は東北福祉大学4学年に在籍。“現役女子大学生”の制覇は、ゴルフ界に新星誕生との鮮烈なインパクトを残した。それも、プロ登録後112日目の勝利は、ツアー制度施行後の最速記録という快挙だ。

その後は、国内外を問わず若き中心選手として活躍。昨年の「全英リコー女子オープン」では7位タイ、さらに今年の「ワールドカップ女子ゴルフ」では日の丸を背負い、見事3位タイに食い込んだ。猛スピードで駆け抜けたこの1年を、「早かったですね」と振り返る佐伯。その短い時の中でも「全体的に成長はしていると思います」と、残してきた実績が佐伯に確固たる自信を植え付けている。

その中で迎える今大会。“ディフェンディングチャンピオン”という立場は、優越感もあれば、多少のプレッシャーも潜んでいるはず。特に、今年は社会人として臨む佐伯の場合は、状況が少し複雑だ。「大学の時の方が良かったじゃないか、と言われないように頑張ります」と苦笑した。

“女子大生”のイメージが醸した華やかな勝利の次は、今やすっかり定着した愛称“マダム”にピッタリな、他を圧倒するような強さで連覇を飾れるか!?(編集部:塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

塚田達也(つかだたつや) プロフィール

1977年生まれ。工事現場の監督から紆余曲折を経て現在に至る。35歳を過ぎてダイエットが欠かせなくなった変化を自覚しつつ、出張が重なると誘惑に負ける日々を繰り返している小さいおっさんです。

2008年 フジサンケイレディスクラシック




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。