ニュース

国内女子ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

北田瑠衣のゴルフは谷口徹タイプ!?

2008/05/09 20:47


「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」2日目を終えて、1オーバー8位タイにつけている北田瑠衣は、2004年大会で優勝を果たしている。その頃と比べて、今の状態を聞くと「あの頃は、今とは比べることが出来ませんよ。勢いだけで上手く行っていた頃ですから・・・。コースはあの時のほうが易しかったと思います。今年は難しいですね」。

その難しいコースで2日間、1オーバーでラウンドしているのは、好調なゴルフに加えキャディ効果も含まれているようだ。今大会、北田のキャディバッグを担いでいるのは、谷口徹上田桃子のキャディとして有名になった清水重憲さんだ。もちろんこのペアリングは初めて。その印象を両者に聞いてみた。

「清水さんにはすでに何度も助けてもらっています。安心できるというか、パッティングのラインで意見が食い違うことはまずないのですが、不安になったら清水さんの読んだラインで打っています。それにラウンドしていて楽しいですよ」。予選2日間のラウンドの北田は、笑顔が絶えず確かに楽しそうにラウンドしていた。

「それと、初日の3ホールまで全てパーオンできずに、アプローチでパーを拾ったんです。そうしたら、瑠衣ちゃんは谷口さんみたいなゴルフをするって!?」。清水氏に確認すると「桃子のタイプじゃないですね。谷口さんみたいに感覚で打つタイプですよ彼女は」。全てのゴルファーをタイプ別けするわけではないが、北田は自分の感覚を大事にする谷口徹タイプということになるらしい。

そんな話を第2ラウンドが終了した練習場で聞いていたのだが、その間も話しながらアプローチで3球連続でカップインさせていた。この日のラウンドは難関の9番、18番で惜しくもパーパットがカップに蹴られボギーにしてしまったが、残り2日間かみ合えば、即席ペアでメジャータイトルを掴むかもしれない。(編集部:本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。