ニュース

国内男子関西オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

来場1万5000人の盛況 和歌山開催が42年ぶりだった理由

42年ぶりに和歌山県での国内男子ツアー開催となった「関西オープン」が終了した。会場の橋本カントリークラブには、4日間で計1万5615人のギャラリーが来場。関西オープンがツアー競技に復帰した2009年以降の大会最多を記録した。

ところで、なぜ和歌山県では42年間も男子ツアーが開催されなかったのだろう。国内男子ツアーを主管する日本ゴルフツアー機構(JGTO)によると、試合会場は大会を主催するスポンサーに関係の深いコースを使用する傾向にある。和歌山県内のコースは久しく、その候補に挙がっていなかったのだという。

ちなみに1973年のツアー制度施行以降、山形、富山、島根、徳島の4県では未だツアーが開催されていない。

もう一つの疑問は、1926年から関西地方の名門コースを巡ってきた関西オープンが、今年まで和歌山県で一度も行われなかった理由だ。

確かに人口は約95万8000人と、関西の2府4県の中では最も少ないが、今回これだけの集客を誇ったのも事実だ。大会を主催する関西ゴルフ連盟の田畑茂事務局長によると、開催コースは273ある加盟コースの立候補制となっている。和歌山県にある16コースからの立候補は過去になかったという。

今年は、開場50周年の節目を迎えた橋本カントリークラブが名乗りを上げ、同連盟の精査を経て初めての和歌山開催が実現した。

ツアー側の受け止めは、総じて好意的だ。JGTOは「開催が少ない県でもっとツアーを行いたい気持ちは、もちろんある。今回、関西オープンで(和歌山開催が)実現できたことは本当に良かった」と喜んだ。

選手会長の宮里優作も、6430人が詰めかけた最終日の熱気に感慨深げ。「涙が出そうでした。家族連れも多かったし、これが本来あるべき姿だと思う。これからの新規トーナメントの参考にできれば」と力を込めた。(和歌山県橋本市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

塚田達也(つかだたつや) プロフィール

1977年生まれ。工事現場の監督から紆余曲折を経て現在に至る。35歳を過ぎてダイエットが欠かせなくなった変化を自覚しつつ、出張が重なると誘惑に負ける日々を繰り返している小さいおっさんです。

関連リンク

2016年 関西オープンゴルフ選手権競技

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。