ニュース

国内男子日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯の最新ゴルフニュースをお届け

逆転負けの松山英樹 出だしのミスを悔いる「良い勉強になった」

千葉県の総武カントリークラブ 総武コースで行われた「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」最終日。2位に4打差をつけて単独首位でスタートした松山英樹は3バーディ、7ボギーの「75」(パー71)と崩れ、優勝したキム・ヒョンソン(韓国)に1打及ばない通算4アンダーの2位タイに終わり、日本人プロ史上最速のデビュー4戦目での国内メジャー制覇はならなかった。

4番からの悪夢の4連続ボギー、決めればプレーオフ突入の最終18番でのパーパット・・・敗因はいくつかあった。しかし松山はラウンド後、スタートホールでボギーとした、痛恨の一打ばかりを悔いた。

<< 下に続く >>

「1番ホールのパーパット、50センチくらいだったんですけど、簡単に打ち過ぎてしまった。2番のパーパットも決めたんですけど、ちょっと違和感がある感じで・・・」

初日からの3日間、いや、ここまでのツアートーナメントで誇示してきた強さのひとつが、2メートル以内のパッティング時に見せる勝負強さだった。初めて迎えた単独首位での最終日についても「緊張は無かったと思います」と言う。だが、そのひとつのミスをきっかけに、松山劇場は暗転した。

「昨日までパットが良かった分、出だしのパーパットを簡単に打ち過ぎてしまったのがもったいない。入っていれば、もっと違った結果になったかなあと思う。ラインをどう読んだらいいか分からなくなった。パットに不安を覚えてしまって、ショットで(チャンスに)付けなきゃ・・・という感じで、ショットも曲がり始めてボギーが止まらなくなった」。

4連続ボギーの直後、8番(パー5)のバーディで負の連鎖を止めたが、この1メートル弱のパットを放つのに普段以上に時間がかかった。後半14番(パー5)で首位に1打差に迫るバーディを奪い、15番で15メートルをねじ込んで再び並んでみせた。しかし18番で2メートルのパーパットを沈められない。

「やっぱり今日一日、ラインを読むのに迷った分、切れるか切れないか、すごく迷って・・・。(キャディに)『真っ直ぐ行こう』と言われたんですけど、自分の中で不安があって、ちょっと右を向いたら右に抜けましたね・・・」。わずか1ストロークのミスが、悲劇を呼んだ。積み重ねてきた成功体験が、最後にもろ刃の剣になってしまった。

「パットが悪い時にパーをセーブできるアプローチが無いと苦しくなる。ショートゲームを磨かないといけない」。そして「良い勉強になりました」と必死に顔を上げる松山。惨劇の直後、悔しさをかみ殺しながら、会場に残って列を作っていたファンに丁寧にサインをしていた。怪物ルーキーはその強さも、もろさも、そして優しさも置いて、コースを去った。(千葉県印西市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

桂川洋一(かつらがわよういち) プロフィール

1980年生まれ。生まれは岐阜。育ちは兵庫、東京、千葉。2011年にスポーツ新聞社を経てGDO入社。ふくらはぎが太いのは自慢でもなんでもないコンプレックス。出張の毎日ながら旅行用の歯磨き粉を最後まで使った試しがない。ツイッター: @yktrgw

関連リンク

2013年 日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯

GDOアマチュアゴルフトーナメント

国内男子ツアー「ダイヤモンドカップゴルフ2013」練習場LIVE
国内男子ツアー「ダイヤモンドカップゴルフ2013」会場の大洗ゴルフ倶楽部練習場から生中継!松山英樹、藤田寛之など注目選手の練習風景を石井忍プロの解説付きでお届けします。
【ライブ中継予定】
5月31日(金)6:30~9:00、10:30~16:00
6月1日(土)8:00~11:00、14:00~16:00



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!