ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

L.ドナルドが独走で最終日へ 薗田、B.ジョーンズが4差を追う

◇国内男子◇ダンロップフェニックストーナメント 3日目◇フェニックスカントリークラブ(宮崎県)◇7027ヤード(パー71)

朝から冷たい雨が降る大会3日目、最終組がスタートし、2番のティショットを終えてセカンド地点に着いたところで、コースコンディション不良による一時中断、次第に曇り空へと変わり12時に競技再開となった。そんな中、後続に4打差をつけて独走態勢でスタートしたルーク・ドナルド(イングランド)が、3バーディ、3ボギーと足踏みするも、通算13アンダーで単独首位をキープして最終日を迎える。

通算9アンダーの2位タイには、「66」をマークしたブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)ほか、薗田峻輔の2選手、通算8アンダーの4位タイには藤田寛之小泉洋人が続いている。続く通算7アンダーの6位タイには、最終ホールをイーグルとしたアマチュアの松山英樹ほか、片山晋呉河野晃一郎の3選手が並んでいる。

初日の出遅れを取り戻し、19位タイからスタートした石川遼の3日目は、3バーディ、3ボギー、1ダブルボギーの「73」とスコアを落とし、35位タイに後退している。

<日本勢最上位でルーク・ドナルドに挑む薗田峻輔

大会3日目に最終組でルーク・ドナルド藤田寛之とラウンドした薗田峻輔は、世界ランク3位のゴルフを目の当たりにし「崩れないゴルフ」と感じた。それでもスタートの1番でバーディを先行した薗田は、10番、11番と連続ボギーをたたいたが、その後はパープレーを続け最終18番パー5でバーディを奪い、スタート時の9アンダーを維持して最終日も最終組でドナルドとのラウンド権を掴んだ。

1番で8mのバーディパットを決めて勢いに乗りたかったが、2番の2打目地点に着いたところで約2時間の中断に巻き込まれた。「スタートしたばかりだし、あまり気にならなかった」と話すが、その後はショットがピンに絡まずパーセーブを繰り返すことになった。

終盤の16番ではティショットでフェアウェイをとらえて107ヤードの2打目を迎えた。手にしたクラブは52度のウェッジ。グリーン左サイドに切られたピンを狙うショットは、出だしから左方向に飛び出してラフに捕まってしまう。「あれはショックでしたね。あの距離で曲げるなんて自分が嫌になる」と悔しがるが、なんとかパーで切り抜けた。

そして最終18番パー5、2オンを狙った残り270ヤードの2打目はグリーン左サイドのバンカーに捕まるが、3打目をピン1mに寄せてバーディフィニッシュ。「最終組でラウンドしてスコアを崩さなくて良かった。(逆転優勝?)それ、やばいですよね。世界3位を破って優勝なんてゾクゾクしちゃうよね」。ラウンドの内容は満足のいくものでは無かったが、首位のルークとの差は4打と変わらず最終日に挑む。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。