ニュース

国内男子関西オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

5位タイに後退の武藤俊憲「リズムが合わない!」

2011/08/20 18:16


国内男子ツアー「関西オープンゴルフ選手権競技」の予選2日間を、通算8アンダー3位タイにつけた武藤俊憲が、決勝第1ラウンドではスコアを1つ落して通算7アンダー。首位と5打差の5位タイに後退してしまった。

スタートの1番、そして2番でボギーを連発してしまい、武藤のテンションは一気に下がってしまう。しかし、その後は3バーディ、2ボギーとスコアを1つ戻して最終組の1つ前で最終日を迎えることになった。

<< 下に続く >>

ホールアウト後に武藤は「今日は2人のプレーと僕のリズムが合わなかった。最初の2番あたりから、やりたいようにやらしてもらえないみたいだなって頭の中で思ったりしていました」と言う。

武藤はツアーの中でもプレーが早い選手の部類に入る。対するネベン・ベーシックと、チョ・ミンギュは自分の打順になってからじっくりと考えてプレーに入るタイプとなる。中でも武藤が首をかしげたのが、9番パー5。

フェアウェイからの2打目を最初に打った武藤が2オンに成功すると、それを見た2人はグリーン手前の池を避けるためショートアイアンでレイアップ。2人が3打目を打つ時には、武藤は池を渡る橋のたもとで雨を凌いで佇むしかなかった。

プレースタイルの違う選手とラウンドすることは今回に限ったことではない。普段からちょっとしたことで首をひねり「どうして?」と考え込んでしまう武藤は、自分のプレーに集中できず、予選2日間のようなゴルフができなかった。「まあ、明日はなんとなるでしょ・・・そう思ってやるしかないですよね」と話す武藤が、本気でそう思えるならば再び優勝争いに絡むはずだ。(兵庫県小野市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 関西オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!