ニュース

欧州男子メイバンク選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2019年 メイバンク選手権
期間:03/21〜03/24 サウジャナG&CC(マレーシア)

スーパーショットもあったけど…川村昌弘は無念の後退

2019/03/23 18:35


◇欧州&アジアン◇メイバンク選手権 3日目(23日)◇サウジャナG&CC(マレーシア)◇7135yd(パー72)

「きょうが一番マシだったんですけどねえ」。今週初のオーバーパーで終えた川村昌弘は、意外な言葉で後退の一日を振り返った。2バーディ、3ボギーの「73」。11位から通算4アンダーの22位に順位を下げ、首位とは9打差に離れた。

今週は首位に3打差で決勝ラウンドに進みながら、「ゴルフの状態は久しぶりに良くない」と、不安を募らせてのプレーが続いていたという。「ミスショットが多い。きょうも思わぬミスが出たので、そこが上位に行けない感じ」。ボギーとした前半5番(パー5)では、グリーン手前のフリンジからアプローチミス。フェアウェイを捕らえた10番でも、100yd前後からグリーンを外して2つ目のボギーとした。

対して「スーパーショットもあるんですけどね」と苦笑い。「きょうのベストショット」に挙げたのは、グリーンの前方から右側にかけて池が迫る後半15番だ。フェアウェイ左サイドの2打目からは木がスタイミー(邪魔)になり、ストレートの球筋では130yd先のピンを狙えない。49度のウェッジで「30ydくらいフックをかけた」というボールは、木の右側から回り込むようにグリーンの右サイドにキャリーし、強烈なサイドスピンで15ydほど左にあるピン方向へ吸い寄せられた。

ボールはピン左2.5mに止まったが、このチャンスを生かしきれないところが、この日のラウンドを象徴していた。「ああいうのがポーンって入ってくれれば、上がりまで“トン、トン、トーン”とバーディが獲れたりするんですけどね…。ナイスパットだけど、惜しかった」。最終18番(パー5)の2打目では“直ドラ”で果敢に攻めたが、大きく左に曲がってパーどまり。この3打目は、左に隣接する3番ホールのティエリアから約65yd、53度のウェッジでヤシの木を越えてグリーンまで運んだ、こちらもスーパーショットだった。

「中盤の位置でやっていても面白くないので、あした良いスコアで回って、来週のインド(ヒーローインディアンオープン)に行ければいいですね。今の状態で急に変なミスが出ると、ごまかしの効かないコースなので」。不安を払しょくし、晴れやかな気分でインドへ飛び立ちたい。(マレーシア・シャーアラム/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 メイバンク選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。