ニュース

欧州男子ホンマ香港オープンの最新ゴルフニュースをお届け

パー4でまさかの「8」 宮里優作になにが起こった?

2018/11/23 19:32


◇欧州男子、アジアンツアー◇ホンマ香港オープン presented by Amundi 2日目(23日)◇香港GC(香港)◇6700yd(パー70)

ちょっと目を離した隙に、リーダーボードの上位から忽然と名前が消えていた。2日目を首位から出た宮里優作は、順調に前半を2つ伸ばして折り返した。だが、11番(パー4)でクアドラプルボギーとなるまさかの「8」。その後も2つのボギーで傷口を広げ、この日4オーバー「74」、通算1アンダーの46位と失速した。

序盤は「ヒールにしか当たっていなかった」という260ccの新1W。それでも、ミスは範囲内に収まっていたが、11番(パー4)でカット目に打とうとしたところで、ヘッドのトゥ側に当ててしまい、左ブッシュに消えてロストボール。打ち直しの3打目は1Wでフェアウェイに運んだが、1つのミスを生んだ違和感は消えることなく、4打目も左に曲げて結局6オン2パット。その後も「アイアンも全部、力が入って(クラブが)上から入ってしまった…」と、最後まで修正が効かなかった。

「(1Wは)振っていて気持ち悪さはないけど、いままでと同じ感じで振っちゃっていたところもある。試合だと上から入りやすい癖があるけど、それに対してまだ1Wの癖をつかめていなかった」と悔しがった。

ヘッドが小さくなれば、スイートスポットも小さくなる。「(試合でクラブが)振れてヘッドが走ってくると、少しタイミングが点になってくるかなというのはある」という。

ホールアウト後はすぐに練習場へと向かい、短いクラブでスイングを確認してから、再び1Wを打ち込んだ。同モデルながらヘッドの重量配分が違うもの、シャフトの挿さり方が違うものなど複数を打ち比べた。「あすは思い切って違う1Wを使うかもしれません。朝、振ってみて、どこまでフィーリングがあるか感じてから決めたいです」と、方針決定は明日の朝へと持ち越した。(中国・香港/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 ホンマ香港オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。