ニュース

欧州男子ホンマ香港オープンの最新ゴルフニュースをお届け

「スイングが一本化」宮里優作が極小ヘッド1Wの効果を証明

2018/11/22 19:53


◇欧州男子、アジアンツアー◇ホンマ香港オープン presented by Amundi 初日(22日)◇香港GC(香港)◇6700yd(パー70)

11番ティからスタートし、迎えた日没間際の最終10番。宮里優作は「ほとんど見えなかった」という1.5mのバーディパットをカップに沈めると、右手で力強くガッツポーズ。前ホールのボギーを取り返すバウンスバックで5アンダー「65」とし、欧州ツアー開幕戦の第1ラウンドを首位で終えた。

ティタイムにも恵まれた。午前は強風が吹き荒れたが、宮里がスタートする午後になると風は止んだ。前半13番で3mを沈めて初バーディ。その後も、着実にバーディを重ねていった。

「フェアウェイに行ったときに、アイアンショットをバーディチャンスにつけられた。それを外すことなく、ものにできた」という効率の良いラウンド。フェアウェイキープは14回中8回の57.1%。6バーディに対し、ボギーは1つ。「途中、(スコアが良すぎて)本当に大丈夫かなと不安だったけど、あまり感情を入れることなく、1ホール1ホール区切ってできた」と笑顔がこぼれた。

この日初めて実戦投入した260ccのブリヂストンスポーツ『ツアーBプロトタイプ』1Wは、5ホールで使用した。「やっぱり安心感がありますね」という極小ヘッドは、「アイアンのように扱える。自分が思ったところにヘッドが来てくれるので、ラインが出しやすい」と、実戦でも手応えは上々だ。

「ドライバーだけ別のスイングをしなくていいので、一本化される」というスイングで、アイアンショットの精度も向上。「改良の余地はまだちょっとあるけど、これをベースに今後も使っていきたい」と、新たな武器に満足そうにうなずいた。

まずは最高のスタートダッシュを決めてみせた。「このコースはそんなに距離もいらないので、スリークォーター気味に方向性重視で打っていくのがいいと思った。今週のドライバーチョイスはすごくよかった」という宮里。この極小ヘッドは、今後トレンド化していくのだろうか?(中国・香港/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 ホンマ香港オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。