ニュース

欧州男子ターキッシュエアラインズオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 ターキッシュエアラインズオープン
期間:11/01〜11/04 場所:レグナムカーヤゴルフ(トルコ)

谷原秀人は対応力発揮できず後退「アンラッキーではない」

2018/11/04 07:10


◇欧州男子◇ターキッシュエアラインズオープン 3日目(3日)◇レグナムカーヤゴルフ (トルコ)◇7159yd(パー71)

17位タイから出た谷原秀人は「71」とスコアを伸ばせず、通算6アンダーのまま31位タイに後退した。1バーディ、1ボギーと静かなゴルフに終始。首位の李昊桐(中国)とは11ストロークの差がついた。

<< 下に続く >>

序盤はアイアン、ウェッジでのショットを左に曲げることが多かった。前半4番でのフェアウェイからの第2打はグリーンを左に外して、なんとかパーセーブ。「中途半端な距離ばかりが残った。『49度(のウェッジ)では届かないし、PWでちょんと打つしかない…』というところで、フェースをかぶせてしまったりした」。続く5番もセカンドを左奥のラフに曲げ、1.2mのパットをカップ右に外してボギーを先行させた。

前日同様、グリーンの傾斜が細かく記載されたメモには目を通さなかった。8番(パー3)で8mを沈めたのが、この日唯一のバーディ。連日、風は穏やかながら、この日はピンポジションにも一苦労。10番ではグリーン右のピンを攻め込んだが、奥のカラーにこぼれた。手前に下る傾斜で戻ってくると計算したボールは止まったまま。「良いところに行ったなと思ったけど…そういう日だった」。パターを握った3打目は、強烈なフックライン。カップに背を向けて打たされた。

結果的にはグリーン上でチャンスを決めきれない展開になったが、自分のショットとジャッジのミスを反省する。「なかなか止まらないピン位置ばかり。(奥まで)打ってはいけなかった。アンラッキーではないよ。狙ったところには打てているから。グリーンも読めていなかった」と潔く、視線を最終日にやった。(トルコ・アンタルヤ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 ターキッシュエアラインズオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
`2020年 ニュースランキング
2020年上半期にお届けしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。未曾有の事態に直面した半年間を、ランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!