ニュース

欧州男子ターキッシュエアラインズオープンの最新ゴルフニュースをお届け

屋根の上からティショット! トルコの名物ホール

2018/11/02 11:47


◇欧州男子◇ターキッシュエアラインズオープン 初日(1日)◇レグナムカーヤゴルフ (トルコ)◇7159yd(パー71)

2016年大会から「ターキッシュエアラインズオープン」の会場になったレグナムカーヤゴルフには、異色の名物ホールがある。パー4の16番のティグラウンドは、敷地内にある建物の屋根に設けられているのだ。

トルコ南西部のアンタルヤは近年、世界中の旅行者を受け入れる観光地として注目されている。地中海沿いにリゾートホテルが立ち並び、今大会のコースもレグナムカーヤというリゾートの一角にある。当地の宿泊施設は5階建てのホテルのほか、ゴルフ場内に平屋建てのビラ(コテージ)が70棟以上設けられており、そのひとつをティグラウンドに採用した。

プレーヤーはプール付きのビラの脇にある鉄製の階段を上ってティに到着。屋根の上には天然芝が張り巡らされ、欧州ツアーでプレーする谷原秀人によれば「去年よりも(芝の範囲が)広くなった」とか。選手たちはこの眺めの良いティグラウンドから、一般営業日よりも34yd長い464ydでプレーする。

ところで、大会初日には谷原の組がプレーしている最中、あるハプニングがあった。前の15番ホールのグリーンにたどり着いたとき、16番の一般営業用のティグラウンドの前方でスプリンクラーが故障し、散水が始まった。約20分にわたり、勢いよく水しぶきが上がる中でプレーは続行。仮に屋根の上からではなく、本来の地上のティを使用していた場合は、第1打で水の影響を受けたかも…。(トルコ・アンタルヤ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 ターキッシュエアラインズオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。