ニュース

欧州男子アバディーンスタンダードインベストメント スコットランドオープンの最新ゴルフニュースをお届け

谷原秀人は「全英」前哨戦58位 カーヌスティは「一番難しいんじゃ…」

2018/07/16 07:30


◇欧州男子◇アバディーンスタンダードインベストメント スコットランドオープン 最終日(15日)◇ガレインGC(スコットランド)◇7133yd(パー70)

谷原秀人は19日(木)開幕のメジャー第3戦「全英オープン」の前哨戦を58位タイで終えた。5アンダーの47位タイで迎えた最終ラウンドは1バーディ、2ボギー「71」で通算4アンダーに後退。次週は2007年大会以来、11年ぶりにスコットランドのカーヌスティでプレーする。

3日目に続いて、朝から強い風が吹いたこの日も、谷原はボギーを先行させた。打ち下ろしの6番、アイアンでグリーンを狙ったポットバンカーからの2打目は、「越えるかなと思ったけれど、トップしてしまった」と目の前のあごに当てて脱出に失敗。2.5mをしぶとく決めてダブルボギーは回避したが、その後はバーディパットを決めきれなかった。

7番、9番でチャンスを逃すと思わずがっくり。「入りそうで入らないね。タッチは合っていたと思うし、ラインも読めていたけれど、なかなかカップに落ちてくれない。最初に1コ、2コ入ってくれればまた違った」。13番で2つ目のボギー。16番(パー5)で2mを沈めて奪ったのが唯一のバーディだった。

全英を控えたリンクスでの戦い。4日間を戦い抜き、「風の強さが毎回違う。どのくらいかを把握しづらいが、その辺を見極めていかないといけない。(次週に)活かせたらいい」と、厳しい気象条件を体感できたことが収穫だ。

今年出場する10人の日本勢のうち、谷原は前回カーヌスティで行われた2007年大会に出場した唯一の選手(予選落ち)でもある。「記憶はあまりない。11年前…そりゃ、覚えてないよね。18番ホールくらいしか覚えてない。ティショットが打ちにくかった」と思い出をたどったが、数ある全英会場のうちでも当地は「一番難しいんじゃないですか」という印象が強く残っている。

「風、天気次第ではあるけれど、コースが難しい。良いスコアが出ている記憶がない」。いっそう気を引き締めて、陸路で早々に戦いへの場と向かった。(スコットランド・ガレイン/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 アバディーンスタンダードインベストメント スコットランドオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。