ニュース

欧州男子ハッサンIIトロフィーの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 ハッサンIIトロフィー
期間:05/05〜05/08 場所:ロイヤルゴルフ ダール・エス・サラム(モロッコ)

1パットは1ホールだけ 武藤俊憲は「経験ない」35パット

グリーン上でとことん、打ちのめされた。モロッコで開催中の「ハッサンIIトロフィー」2日目を17位から出た武藤俊憲は1バーディ、4ボギー「75」と3つ落とし、通算2オーバーの45位タイに後退。届きかけていた上位が遠のく展開で、決勝ラウンドに進むことになった。

武藤を戸惑わせたのは「よほどグリーンを分かっている人が切っていると思う」というピンポジション。決してグリーンの端々や、強い傾斜の途中に切られているわけではないが、「曲がるのか曲がらないのか、微妙なところが多かった」。ラインの読みは、ことごとく裏目に出た。

<< 下に続く >>

好調なショットで多くのチャンスを作っても、ボールがとにかくカップの底を叩かない。「スライスと読んでカップ左淵を狙った」という3mにつけた後半1番のチャンスも、ボールはカップに触れることもなく右側を通過する。この日のパット数は「ほぼ、経験がない」という35パット。1パットで収めたのは、アプローチを1m弱に寄せた後半8番のみだった。「思うように打てていても、一筋違いでボールが抜けていく」から、余計にタチが悪い。「ストレスは相当でかかった」と、たまった疲労を吐き出すように深い息をついた。

パットに苦しみながらも、何とか決勝ラウンドの席は確保。「あと2日あるので、もっとチャンスを作っていきたい。少なくとも、去年の(松村)道央の順位は上回って終わりたいですね。後輩に示しがつきませんから」。コースは異なるが、昨年大会を64位で終えた松村道央を引き合いに出しながら、週末での再浮上を誓った。(モロッコ・ラバト/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ハッサンIIトロフィー




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!