ニュース

欧州男子アルフレッド・ダンヒル選手権の最新ゴルフニュースをお届け

「アルフレッド・ダンヒル選手権」で知っておくべき5つのこと

ヨーロピアンツアーの2020年シーズンは、2020年「レース・トゥ・ドバイ」のスタートの号砲が鳴らされる「アルフレッド・ダンヒル選手権」で幕を開ける。ヨーロピアンツアーがレパードクリークCCを再訪するにあたり、押さえておくべき今週のストーリーラインは次の通りである。

旅立ちの地

ヨーロピアンツアーQスクールファイナルステージからわずか1週間、6ラウンドのコンテストを勝ち抜いた28人のうち21人の選手たちは、南アフリカで2020年シーズンをスタートさせる。

ルミネGCで6打差の勝利を飾ったベンジャミン・ポケは、シーズン開幕戦で現在の好調振りを発揮したい選手の一人であり、そのデンマークの同胞であり、同じくファイナルステージでシード権を獲得した18歳のラスムス・ヘイガードも今週のフィールドに名を連ねている。ヨーロピアンツアー3勝のグレゴリー・アブレもヨーロピアンチャレンジツアーでの1年を経てヨーロピアンツアーへのカムバックを果たすほか、イングランドのローリー・キャンターもヨーロピアンツアーに帰ってくる。

昇格組

この大会では、チャレンジツアーの2019年昇格選手たちも新章を記すこととなり、今週、南アフリカでは「ロード・トゥ・マジョルカ」ランキングでトップ15に入った選手のうち14人がティアップする。3週間前にバレアレス諸島にて、「ロード・トゥ・マジョルカ」のタイトルとチャレンジツアーグランドファイナルの二冠に輝いたフランチェスコ・ラポルタは、レパードクリークでシーズン開幕を迎える一人であり、ポーランド人選手として初めてヨーロピアンツアーにフル参戦する資格を得たアドリアン・メロンクも今季のスタートラインにつく。

躍動する南アフリカ勢

「アルフレッド・ダンヒル選手権」には母国の王者が誕生する歴史があり、1995年の第1回大会以降、これまで11回にわたり南アフリカ人選手がタイトルを手にしている。今週出場するかつての世界ナンバーワンであるアーニー・エルスは第1回大会を制しており、直近の南アフリカ人王者は2017年に大会を制覇したブランドン・ストーンとなっている。彼の勝利により、南アフリカ勢は2011年から2017年大会(2016年開催)にかけて大会6連覇を果たしている。

今週は母国制覇を果たすべく、2019年の「スカンジナビア招待」王者であるエリック・ファンローエン、ヨーロピアンツアー8勝のブランデン・グレース、そして2019年「アンダルシアマスターズ」でツアー初制覇を遂げたクリスティアン・ベゾイデンハウトらがティアップする。

圧巻の景色

クルーガー国立公園の南端に位置するゲーリー・プレーヤー設計のレパードクリークCCは、ヨーロピアンツアー国際スケジュールで最も壮観なコースの一つであり、クロコダイル川沿いに佇むパー5の13番ホールなど、印象深いホールが多数ある。今週、選手たちはカバ、ワニ、水牛、そして象といった野生動物たちとフェアウェイを共有することになる。

名手

シャール・シュワルツェルは、レパードクリークの名手と呼ぶことのできる唯一の選手である。2011年の「マスターズ」王者は、これまで4度「アルフレッド・ダンヒル選手権」を制覇しており、2006年、2007年、2010年、そして2011年には2位に入っている。彼はこれまでこの大会に12回出場しており、通算119アンダーと見事な合計スコアを残している。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 アルフレッド・ダンヒル選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!