ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2017年 マスターズ
期間:04/06〜04/09 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

オーガスタを再訪する名手たち

ベルンハルト・ランガーサンディ・ライルホセ・マリア・オラサバル、そしてイアン・ウーズナムといった歴代王者たちが、オーガスタナショナルへと帰ってくる。

ランガーと同じくかつての「全英シニアオープン」覇者であり、1992年にグリーンジャケットを勝ち取ったフレッド・カプルスもジョージアの神聖なフェアウェイを歩くことになり、その後、7月には英国で開催される唯一のシニアメジャーに出場する予定になっている。

シニアツアー、そして米PGAチャンピオンズツアーを席巻するランガーは、2016年の「マスターズ」で最終日を首位とわずか1打差でスタートしてヘッドライン(最終結果は24位)を飾った。ここ4大会で3度の予選通過を果たしているランガーは、2014年大会で8位に入り、オーガスタでトップ10入りした回数を9回にしている。

59歳のランガーは、欧州出身選手として「マスターズ」で2勝を挙げた3人のうちのひとりであり、彼の他にはセベ・バレステロスとオラサバルが同大会を2度制している。

オラサバルは5年間で2着のグリーンジャケットを勝ち取っており(1994年と1999年)、1991年にはウーズナムに次ぐ2位に入っている。1997年に負った足の怪我からのカムバックを遂げたオラサバルは、その2年後に2度目のメジャー制覇を果たした。

1991年のそのオラサバルを下して大会を制覇したウーズナムは、ウェールズ人初のメジャー王者となった。スペインのオラサバルが72ホール目にボギーを叩いたのを尻目に、ウージーは2.4メートルのパーパットを落ち着いて沈め、グリーンジャケットを羽織った。今年は、ウーズナムにとって「マスターズ」出場30回目の節目となる。

ウーズナムが栄光に輝いた3年前には、「ライダーカップ」のチームメイトであり、1985年に「全英オープン」を制したサンディ・ライルがスコットランド人として初めて「マスターズ」を制した。16番でバーディを奪ってマーク・カルカベキアに並んだライルは、最終ホールで驚異的なバンカーショットからバーディを演出して、メジャー2勝目を挙げたのである。

23回連続で予選通過を果たしたカプルスは、ゲーリー・プレーヤーと共に「マスターズ」での連続予選通過記録を持っている。1992年、彼は世界ナンバーワンとして第56回「マスターズ」に臨んだ。レイモンド・フロイドに2打差をつけて上がり3ホールを迎えたカプルスは、果敢なプレーで逃げ切り、優勝を果たした。

今年の「全英シニアオープン」にはこうしたシニア世代のスター選手たちが勢揃いするわけだが、果たして我々は2017年の「マスターズ」王者がロイヤルポーチコールGCのフェアウェイを歩く勇姿を目にすることはあるのだろうか。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。