ニュース

米国男子リオデジャネイロ五輪の最新ゴルフニュースをお届け

2016年 リオデジャネイロ五輪
期間:08/11〜08/14 場所:オリンピックゴルフコース(ブラジル・リオデジャネイロ)

リオで躍進する欧州勢 金メダルを狙う好調ボーディ

オリンピック男子ゴルフ競技2日目に好調を維持するグレゴリー・ボーディが金メダルしか見えていないと断言した。

ヨーロピアンツアー4勝のボーディは、直近の同ツアー9大会全てでトップ25入りを果たしている。この2日間を「67」と「69」でラウンドし、首位に立つマーカス・フレイザーに4打差で週末を迎える。

<< 下に続く >>

今週は多くの選手がコース外でのオリンピックの経験を話すが、ボーディはフレイザー、ヘンリック・ステンソントーマス・ピータースジャスティン・ローズといった強敵を倒し、金メダルを獲得することだけに集中していると言い切った。

「メダルについては、もう随分と前に考えていた」とボーディ。

「大会を制し、金メダルを獲るためにプレーするし、別のメダルでも嬉しいことは嬉しいけれど、勝つためにプレーするよ」。

「僕はここに金メダルのために来たんだ」。

「自分のゴルフについては全般的に満足している。このコースには幾つか簡単なホールがあるけれど、特に天候が難しくなると、タフで長いホールがたくさんあるね」。

「それだけに、通算6アンダーは良いスコアだよ。トーナメントの入り方としては申し分ない」。

2日目を「68」で回り、通算8アンダーとしてボーディの2打前方につけているステンソンは、3番では池に捕まりながらも32メートルのパーパットを沈める離れ業を見せた。出だしから2連続バーディの勢いを切らさなかった。

スウェーデンのステンソンは、今までで決めた最長のパットであり、2番でも18メートルの長いバーディパットを決めた。

「4番ウッドでグリーン前方へ乗せることができたけど、25から30メートルのパットが残っていたので、なんとか2パットのボギーで凌ぐことができればと思っていた」。

「僕が気付く前に、ボールはカップに入っていた。あれは、恐らくキャリア最長のパットだったね。世界中どこを探しても、あれだけ長いパットが残るグリーンというのはなかなかないからね。セントアンドリュースだったら、2ホールのグリーンが繋がっているところで、あれだけの長さが残ることはあるかもしれないけどね」。

木曜にホールインワンを達成するなど、2日間を「67」、「69」で回ったローズは、週末へ向け順位に満足感を示している。

「今日はとても難しい1日だったから、上り坂に喘ぐようなプレーを強いられたのだけど、僕自身はそんな感じはしなかったね」。

「週末へ向け、良い位置につけることができたと思っているよ」。

「1つか2つ、まだ試してみたいという道具はあるんだけど、必要な時に全てがカチッとはまってくれれば良いね」。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 リオデジャネイロ五輪




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!