ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 マスターズ
期間:04/07〜04/10 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

松山英樹の名も…過去のデータが示した13人のグリーンジャケット候補

europeantour.comが過去スタッツを精査

世界最高クラスの選手たちが今年最初のメジャーでティアップする「マスターズ」の開幕が間近に迫った。europeantour.comのジェイミー・ケネディーが過去のスタッツを精査し、今年グリーンジャケットを獲得するかもしれない13人の候補者を選定した。

ご存知の通り、「マスターズ」はメジャーで唯一開催コースの変わらない大会である。それゆえ、これまでの統計に目を向けると、オーガスタで成功を収める上でのいくつかの傾向が浮き彫りになる。オーケー。では今年、誰がグリーンジャケットに袖を通すかもしれないのか、見ていこう。

<< 下に続く >>

フィールド総数: 91

まずはルーキーをカットする。というのも、37年前にファジー・ゼラーが優勝して以来、「マスターズ」では初出場の選手は優勝していないのである。今年のフィールドにはアンディ・サリバンラッセル・ノックスキラデク・アフィバーンラト、そしてラファ・カブレラベローら19人の初出場選手が含まれるが、スタッツはこれらの選手にとって夢のデビューとならないことを示唆している。

残り選手数: 72

近年、オーガスタは改修により距離が伸び、パー4の6ホールが450ヤード超になるなど、今ではツアー屈指の長いレイアウトとなった。これにより、最近の「マスターズ」は、パワーのある選手に分があり、新しい世代のチャンピオンが誕生する傾向にある。ちなみに、「マスターズ」制覇を果たした最後の40歳以上の選手は、1998年に41歳で大会を制したマーク・オメーラだ。今年のフィールドに含まれる40歳以上の選手は21人。我々はこの段階で、フィル・ミケルソンイアン・ポールターアーニー・エルスリー・ウェストウッド、そしてザック・ジョンソンといった面々にサヨナラを告げなければならない。

残り選手数: 51

恐らく、大会前の調子とオーガスタでの成功との関係性は、我々がリサーチした中で最も興味深いスタッツとなろう。驚くべくことに、ここ15回の「マスターズ」で、実に12回は、マグノリアレーンへ向かう前の直近の10大会で少なくも1勝を挙げている選手が制している。「マスターズ」ではその年で最も屈強なフィールドが形成されるわけだが、ここまで残ったなかでは33選手が出場した直近の10大会で勝利を収めていない。ここでは、ヘンリック・ステンソンシェーン・ローリーダスティン・ジョンソン、そしてパトリック・リードといったポテンシャル大の強豪が振るい落とされることになる。

残り選手数: 18

「マスターズ」は毎年オーガスタで開催されるとあり、多くの選手はコース特有の戦略を磨いており、グリーンジャケットを勝ち取るのに適したプレーを明らかに熟知している。実際、ここ26回の「マスターズ」で19回はそれまでオーガスタでトップ10入りを果たしことのある選手が制覇しているのである。この段階まで残った18選手の中で、過去に「マスターズ」でトップ10入りの経験がないのは5人。ダニー・ウィレットグレーム・マクドウェルブランデン・グレースビクトル・デュビッソン、そしてジェイソン・ダフナーがここで脱落する。

残り選手数: 13

さあ、これで決まりだ! 91人の選手を段階的にわずか4つのスタッツでカットしたところ、13人が残った。この面々が、我々の精査したスタッツの示した今年のオーガスタの優勝候補となる。

ジェイソン・デイリッキー・ファウラーセルヒオ・ガルシアマーク・レイシュマン松山英樹ロリー・マキロイルイ・ウーストハイゼンジャスティン・ローズシャール・シュワルツェルアダム・スコットブラント・スネデカージョーダン・スピースバッバ・ワトソン(以上、13選手)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!