ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

全英オープン
期間:07/16~07/19  場所: セントアンドリュース(オールドコース)(スコットランド)

ザック・ジョンソンの勝利が意味する事実/欧州ツアー公式

クラレット・ジャグを手にしたザック・ジョ クラレット・ジャグを手にしたザック・ジョンソンはギャラリーと喜びを分かち合った(Matthew Lewis/Getty Images)

◎世界ランキングが前週の25位から12位に浮上。

◎ヨーロピアンツアーの大会では75度目の出場にして国際スケジュールで2度目の勝利。

◎ヨーロピアンツアー国際スケジュールでは2007年の「マスターズ」以来の優勝。

◎ヨーロピアンツアーでの優勝は8年と103日ぶり。

◎2015年のヨーロピアンツアーでの自己最高成績(これまでの最高成績は「マスターズ」での9位)。

◎メジャー45戦目の出場で2勝目を達成。

◎前回のマスターズ制覇から今回の全英制覇まで、メジャー34戦に出場。

◎「全英オープン」は12度目の出場で初優勝。

◎「全英オープン」での自己最高成績(これまでの最高成績は2013年の6位タイ)。

◎メジャーではキャリア通算8度目のトップ10入りを達成。

◎メジャーでの複数回優勝達成は80人目。

◎「マスターズ」と「全英オープン」を制したのは史上13人目。

◎この優勝により2015年のメジャーは米国勢が3連勝。
ジョーダン・スピースが「マスターズ」と「全米オープン」を、Z.ジョンソンが「全英オープン」を制覇。

◎1964年以来、セントアンドリュース開催の「全英オープン」を制した米国人選手は5人目。
トニー・レマ(64年)、ジャック・ニクラス(70年、78年)、ジョン・デーリー(95年)、タイガー・ウッズ(2000年と05年)。

◎セントアンドリュースでのプレーオフによる「全英」制覇は、ジョン・デーリーがコンスタンティノ・ロッカを下した1995年大会以来20年ぶり。

◎三つ巴のプレーオフによる「全英」制覇は、ポール・ローリージャスティン・レナードとジャン・バンデベルデを下した1999年大会以来16年ぶり。

◎米国勢によるヨーロピアンツアー制覇はこれが通算203勝目。

◎この勝利により「アバディーンアセットマネジメント スコットランドオープン」を制したリッキー・ファウラーに続き、米国勢がヨーロピアンツアー2連勝。

◎今季ヨーロピアンツアーでの米国勢5勝目。
ダスティン・ジョンソン「WGCキャデラック選手権」、J.スピース「マスターズ」&「全米オープン」、R.ファウラー「スコットランドオープン」、そしてZ.ジョンソン「全英オープン」。

◎この優勝により60歳まで「全英オープン」の出場権を獲得。

◎この優勝により「全米オープン」と「全米プロゴルフ選手権」の向こう5年間の出場権を獲得。

◎この優勝により2015年「WGCブリヂストンインビテーショナル」と2015年「PGAグランドスラム・オブ・ゴルフ」の出場権を獲得。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~