ニュース

欧州男子メイド・イン・デンマークの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 メイド・イン・デンマーク
期間:05/23〜05/26 ハイマーランド ゴルフ&スパリゾート(デンマーク)

前年覇者は本命 デンマークで注目の3選手は

「メイド・イン・デンマーク」の第6回大会を前に、データの達人があらゆる数字を精査し、次の3人を大会の注目選手に選出した。

本命:マット・ウォレス

何をおいても、ディフェンディングチャンピオンを無視できない。ヨーロピアンツアー4勝のウォレスは、「ブリティッシュマスターズ」で2位、そして「全米プロゴルフ選手権」で3位と、このところ好調の波に乗っているだけではなく、過去にデンマークでは素晴らしい成績を収めている。

これまでデンマークで8ラウンド(ハイマーランドG&SRで4ラウンド、シルケボーGCで4ラウンド)している29歳は、全ラウンドで平均してフィールドに対し3ストローク上回っており、これは大会史上ベストの数字となっている。わずか144ホールのプレーで通算スコアは31アンダー。こちらは大会史上3番目の好スコアである。ちなみに、1位のソレン・ケルドセンは通算42アンダー、そして2位のブラッドリー・ドレッジは通算32アンダーとしているが、ふたりともウォレスの倍以上となる300ホール以上をプレーしている。

デンマークでの好成績と最近の好調を考慮すると、ウォレスが今週も優勝争いに加わるのはほぼ間違いないだろう。

対抗:エリック・ファンローエン

ここだけの話、ファンローエンがヨーロピアンツアーで優勝するのは時間の問題だ。2017年にチャレンジツアーからの昇格を果たし、現在欧州ゴルフのトップツアーで2年目をプレーしているこの南アフリカ人選手は目下好調を維持している。先週の「全米プロゴルフ選手権」で8位タイに入るなど、直近の5試合全てで29位タイ以上の成績を残している。

世界ランキング89位のファンローエンは安定してリーダーボードの上位で優勝争いに加わっている。首位で最終日を迎えた「ハッサンIIトロフィー」では、優勝したホルヘ・カンピージョに2打届かなかったが、今週こそ逃し続けている初優勝をつかみ取るべくデンマークでティアップする。

穴:ブラッドリー・ドレッジ

ドレッジが最後にヨーロピアンツアーで勝利してから13年が経過したが、彼は要チェックの存在。ウェールズのベテランは、直近2大会こそ続けて予選落ちを喫しているが、今季は吉兆を見せており、特に世界トップクラスのフィールドを相手に13位タイに入った「サウジインターナショナル」のパフォーマンスは明るい材料となった。

45歳のドレッジにとって、デンマークには何かがあるようで、この大会での通算バーディ数と通算スコアで、ドレッジはケルドセンに次ぐ歴代2位にランクインしている(78バーディ、通算32アンダー)。これはデンマークでの更なる歓喜のレシピであると我々は考えている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 メイド・イン・デンマーク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。