ニュース

欧州男子メイド・イン・デンマークの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 メイド・イン・デンマーク
期間:08/20〜08/23 場所:ヒンメルランドゴルフ&スパリゾート(デンマーク)

粘り腰を見せたホーシーがデンマークで戴冠

終盤で足踏みしたデービッド・ホーシーがなんとか後続を振り切り、初日から首位を譲らない“ワイヤー・トゥ・ワイヤー”での完全優勝で「メイド・イン・デンマーク」を制した。

ヒンメルランドゴルフ&スパリゾートでの初日を「63」でラウンドしたイングランドのホーシーは、最終日をそれより10打多いスコアで回ったが、通算13アンダーは、2位タイにつけた4人に対し2打差の優勝を飾るには十分なスコアだった。

<< 下に続く >>

3日目は一時7打差のリードを築いたホーシーは、日曜の午後になると束の間、首位から陥落する場面もあったものの、気力を振り絞って欧州ツアー4勝目を挙げることに成功した。

「ようやく始動したという感じだ」とホーシー。「ここ何カ月間か良いプレーができていたにもかかわらず、それが結果に結びつかず、そこまで良いスコアが出せていたわけでもなかった。今週はもう少し戦略を持って臨み、より集中してプレーしたのだけど、それが奏功したね」。

「少し奇妙な週だったね。自分自身に集中し、大会にとらわれ過ぎないようにと努め、それがうまくいったのだけど、これはちょっとした驚きだったね」

「最後の数ホールは待つことが多くなり、優勝が次第に現実味を帯び始めていったから(優勝できて)とても嬉しいね。きつい戦いだったけれど、最後は一線を越えることができたんだ」

「16番はちょっと残念だったけれど、気を取り直して残り2ホールに集中することができた。17番でタフなパットを残してしまったけれど、あそこと18番をパーで締めくくれたのは完璧だった」

ホーシーは2位につけたテリー・ピルカダリスに対し1打差の首位で最終日をスタートした。まずピルカダリスが2番でバーディを奪い通算15アンダーとして首位に追いつくも、3番ではストックポート出身のホーシーがバーディを奪ってスコアを伸ばし、単独首位とした。

ピルカダリスは6番でスコアを伸ばしたのに対し、ホーシーは同ホールで痛恨の3パットをすると、パー3の7番で30歳のホーシーがティショットをバンカーに打ち込んだ時点で、彼は41ホール振りにリーダーボードのトップから陥落することとなった。

ただし、豪州出身のピルカダリスが連続ボギーを叩いたため、9ホール終えた時点のリーダーボードは再びこの日の振り出しに戻る格好となった。

一方、後続集団が先頭を行く2人をとらえるのに苦労する中、ソレン・ケルドセンは前半を「33」でラウンドし、通算11アンダーとして追撃態勢に入った。

11番でバーディパットがカップの縁に嫌われた40歳のケルドセンは、13番ではしっかりとバーディを奪うも、続く14番では1メートル弱のバーディパットを外し、絶好機を逃してしまった。

ケルドセンの1つ後ろの最終組ではホーシーとピルカダリスがつばぜり合いを繰り広げ、4ホール連続パーとすると、14番をともにボギーとしたことにより、ケルドセンにも光明が差し込み始めた。

ピルカダリスが15番でダブルボギーを叩いたことにより、ホーシーは2打差の首位に立つも、16番ではホーシーが残り2.4メートルを3パットする予想外の展開となり、ケルドセンが一つ前の組でプレーする中、18番ティにホーシーが立った時点ではリードは1打差に変わっていた。

地元の人気選手であるケルドセンはティショットがバンカーにつかまり、このホールをボギーとしたため、ホーシーは再びリードを2打差に広げ、18番をパーとして優勝を果たした。

最終日を「68」でラウンドしたケルドセンは、この日のスコアを「74」としたピルカダリス、そして「66」で週末のプレーを締めくくったもう一人の豪州出身選手であるダニエル・ガーントと並ぶ2位タイで大会を終えた。

最終日を「62」でラウンドし、見事コースレコードを更新したクリストファー・ブロバーグも通算11アンダーの2位タイで大会を後にしている。

スウェーデン出身のブロバーグは2連続パー発進を切ると、その後は4ホール連続でバーディを奪い、8番でもバーディを奪って「31」で後半へ折り返した。

10番と11番で連続バーディを奪い、3番からの9ホールで7つのバーディを奪った。その後の2ホールをパーとして、若干勢いが止まるも、再び14番でスコアを伸ばした。

16番でもバーディを奪い、この日のスコアを9アンダーとすると、上がり2ホールはパーで締めくくった。

通算10アンダーの6位タイには、ともに最終日を「69」で回ったマッツ・セゴールとポール・ローリー、「70」で最終日をラウンドしたブラッドリー・ドレッジ、そしてイーブンパーの「71」で日曜をラウンドしたリチャード・グリーンが入った。

短い間ながら金曜日にホーシーから首位の座を奪ったジョン・パリーは最終日を「73」でラウンドし、通算9アンダーの10位で大会を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 メイド・イン・デンマーク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!