ニュース

欧州男子アブダビHSBCゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

アブダビでの勝利を視野に入れる”引き立て役”のマキロイ

世界ナンバーワンであり「レース・トゥ・ドバイ」王者に君臨するロリー・マキロイが、今週で10周年を迎える「アブダビHSBCゴルフ選手権」で、2015年競技の初戦を迎えることになる。

スター選手が揃うフィールドとあって、9人のメジャー王者の1人であるマキロイは、3大会で構成される“デザートスイング”の初戦にあたるこの賞金総額270万米ドルにて、これまでの好成績を引き続き維持したいと熱望している。

マキロイは、アブダビでは3度にわたり2位に入っており(2011年、2012年、そしてスペインのパブロ・ララサバルが優勝した昨年の大会)、今週、アルスター出身の25歳はこの大会で貼られた引き立て役のレッテルを引きはがし、ヨーロピアンツアー9勝目を挙げることに自信を感じている。

アブダビGCをマキロイ以上にアットホームに感じている選手がいるとすれば、それは現「全米オープン」王者のマルティン・カイマーということになるだろう。何しろ彼はマキロイに競り勝ち、2011年に大会制覇を成し遂げているのだから。

2008年、2010年、そして2011年にファルコントロフィーを掲げているカイマーは、冬場の練習を近隣のドバイにあるヨーロピアンツアー・パフォーマンス・インスティチュートで行っており、首長国における更なる成功を視野に入れている。

もし、ドイツ出身のカイマーが4度目の大会制覇を成し遂げることができれば、彼の友人であり助言者でもあるベルンハルト・ランガー、偉大なる故セベ・バレステロス、サー・ニック・ファルド、そしてミゲル・アンヘル・ヒメネスに続き、ヨーロピアンツアーの同一大会で4勝以上挙げた4人目の欧州出身選手となる。

カイマーの大会4勝目へ向けた挑戦には、「ライダーカップ」のチームメイトであり、グレンイーグルスでは無敵のコンビを組んだ世界2位のヘンリック・ステンソンと世界6位のジャスティン・ローズが立ちはだかることになる。

2014年の最終戦である「DPワールドツアー選手権」で優勝して以来の大会出場となるステンソンは、過去に「アブダビHSBCゴルフ選手権」では2度の2位を記録しており、これには2006年の第1回大会でのものが含まれる。

一方ローズは、首位で最終日を迎えながらもジェイミー・ドナルドソンに逆転された2012年の雪辱を晴らしたいと考えている。

もう1人の注目すべきビッグネームは、2014年を非常に素晴らしいシーズンとし、「アブダビHSBCゴルフ選手権」は初出場となるリッキー・ファウラーだ。

「ライダーカップ」の米国代表選手であるファウラーは、昨季のメジャー4大会全てでトップ5入りを果たしており、ヨーロピアンツアーへの出場は8位タイに入った「アバディーン・アセットマネジメント・スコットランドオープン」以来となる。

ファウラーは2006年にこの大会を制したクリス・ディマルコ以来、この大会を制した2人目のアメリカ人選手となるべく、大会に臨むことになる。

その他にも、ディフェンディングチャンピオンのララサバル、そして先週の「南アフリカオープン選手権」でツアー初優勝を飾り、ヨーロピアンツアーの直近の勝者となったアンディ・サリバンが注目選手として挙げられる。

関連リンク

2015年 アブダビHSBCゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~