ニュース

欧州男子香港オープンの最新ゴルフニュースをお届け

マンリー、初勝利に向けて視界良好

欧州ツアー初勝利を狙うスチュアート・マンリーが、2位に1打差をつけての首位で「香港オープン」最終ラウンドに臨む。

ウェールズ出身のマンリーは香港ゴルフクラブでの3日目、4アンダー「66」をマーク。通算10アンダーとし、オーストラリアのウェイド・オームスビー、そしてインドのシブ・カプールに1打差をつけて単独首位に浮上した。

<< 下に続く >>

マンリーの欧州ツアーでの自己ベストは、2010年「マヨルカクラシック」での9位。先月の「ISPSハンダワールドカップ」3日目では、ホールインワンを決めた次のホールで「11」を叩き、話題となった。

ホールインワンを決めたマンリーは、車がプレゼントしてもらえるものと思っていたが、それは最終ラウンドでのみだと知らされた。

そして34歳のマンリーは今日、再び惜しいショットを見せた。8番ホール(パー3)でのティショットをカップから数ミリの位置につけ、この日奪った6つのバーディのうちのひとつを奪った。

「最終組に入りたかったので嬉しいよ」とマンリー。「チャレンジツアーでは何度もリードして最終日に臨むことがあった。明日はそれが生きると願いたいね」。

「少し神経が尖る場面もあるだろうけど、とても良いスイングができているので、プレーに集中できれば良い結果は出ると思うし、とにかく楽しみたいね」。

「最初から最後まで、アイアンショットを正確に打てていたんだ。グリーンでもっと良いプレーができていたらもっとロースコアが出せたと思うので、それができなかったことは残念だ。でも、自分の状態には自信を持っているし、明日が楽しみで仕方ないよ」。

「勝利が全てなんだ。今後もたくさんの試合があるし、とにかく明日は楽しんでプレーして、どんな結果になるか楽しみにしたいね。欧州ツアーで勝利できれば最高だよ」。

オームスビーとカプールもまた、まだ欧州ツアーでの勝利はない。そして両者ともこの3日目に「66」をマークした。

マンリーと同様、オームスビーはQスクールの会場であるPGAカタルーニャでの6ラウンドを経てツアーの出場権を手にした。「調子は良いよ。たくさんのバーディを決めたし、全体として満足している」。

カプールは、2013年のチャレンジツアーで2度の優勝を含む好調なシーズンを送り、欧州ツアーの舞台に帰ってきた。

31歳のカプールは、最近の勝利で学んだことを明日の最終ラウンドに生かすつもりだ。

「ミスをしなければ勝利は近付く。僕はそれができていたからね」。

「チャレンジツアーでも主要ツアーでも、勝利はいつも難しいよ。僕にとって、ここ数ヶ月で勝利していることは良いことだし、明日は何をすべきかわかっている。いくつかミスをしてもなお、優勝できるときもあるんだ。僕にとってここ数ヶ月で最大の発見だったね」。

上位3人が初勝利を目指す一方で、4位タイで並ぶ3選手は全員がツアーでの優勝経験者であり、うち2人はこの大会での優勝経験もある。

昨年覇者のミゲル・アンヘル・ヒメネスと、彼と同郷であり2007年大会覇者のホセ・マニュエル・ララ、そしてイングランドのスティーブ・ウェブスターは、それぞれ「65」をマークして通算8アンダーとした。

昨年この大会を制したヒメネスは、欧州ツアー史上最高齢での優勝者となった。「好調をキープしてここで勝てたら最高だね。このコースが大好きなんだ」。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 香港オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!