ニュース

欧州男子南アフリカオープン選手権の最新ゴルフニュースをお届け

ニクソンが混戦をわずかに抜け出す

南アフリカオープン初日は、イングランドのマシュー・ニクソンマルコ・クレスピとジェイブ・クルーガーを1打差で押さえてトップに立った。

昨シーズン、ロシアで2位となったニクソンはスタートからの5ホールで4バーディを奪うと、更に上がり3ホールで1バーディ、1イーグルを奪い午後の遅い時間に首位に躍り出た。

「いつも父から僕はロングホールが下手だと言われてきたんだ」と、イーグルについて語ったニクソン。「決して最高のティショットではなかったし、セカンドショットも良いものではなかったけれど、右のバンカーからチップインを決めることができたよ」。

「とても良いショットだったよ。でも2メートルくらいオーバーしてしまうかなと思ったんだけど、うまくカップインしてくれた。恐らく父からメールが届くと思うよ」

「今日は何も先入観を持たずにコースに出たんだけど、そうしたらショットがピンに絡んでパットも良く入ったよ」

「パットがとても良かった。トータル22パットだったんだけど、恐らくこれは僕のキャリア最少記録だね」

「グリーンでのプレーの仕方が良かったんだろう。とてもフィーリングが良かったし、プレーのテンポも小気味よかった。いくつかオーバーしたパットもあったけれど、返しのパットをきちんと入れられたね。明日からの3日間もこれが維持できれば良い結果に繋がると思う」

先週ジローナでのQスクールでヨーロピアンツアーへの出場権を得たイタリアのクレスピにとって、今大会はルーキーイヤーのデビュー戦となった。そして南アフリカのクルーガーは同胞のクリスチアン・バッソンとレティーフ・グーセンの二人に1打差をつけている。

バックナインからのスタートだったクレスピは12番ホールから4連続バーディを奪うと、後半を2バーディ、1ボギー、1イーグルとした。

5番ボールでボギーを叩いたクレスピだったが、その2ホール後、444ヤードのパー4、7番ホールでこの日のベストショットを披露し、2打目を直接カップに沈めてイーグルを奪った。

初日のラウンドで6バーディ、1イーグルを奪いつつも、パー4の10番ホールでボギーを叩いてしまったクルーガーだったが、もし彼がこの大会で優勝すれば、ここ13年間で南アフリカ勢が11勝目を挙げることになる。

今大会共催のサンシャインツアーで2勝しているバッソンは初日を早い時間にラウンドして、4バーディ、1イーグルを奪い、長い間首位の座についていた。

もう一人の南アフリカ人選手でかつてのマスターズチャンピオン、チャール・シュワルツェルは初日を「67」で回った4選手のうちの一人だ。

「67」でラウンドしたシュワルツェルは5バーディ、ノーボギーと、2014年のレース・トゥ・ドバイを良い形でスタートした。バックナインからスタートした彼は残り4ホールの時点で2アンダーだったが、6番ホールで素晴らしいティショットを放ってピンそば1.5メートルにつけてバーディを奪った。

対照的に7番ホールではティショットをミスしてドロップを余儀なくされたが、そこからの見事なチップショットでカップまで30センチに寄せパーセーブに成功。さらに、世界ランキング22位の彼は上がり2ホールで3.5メートルと4.5メートルのパットを沈めて2連続バーディを奪った。

「ここでの勝利が意味するものは大きいよ。それだけに南アフリカオープンでは勝ちたいね」とシュワルツェル。

「自分なりに準備を整えてこのコースをどうプレーするか考えた。そして今日はそれがうまく行ったよ」

「この大会ではいつも良い結果が残せている。そのうち何度かは優争にも手が届きそうだった。継続してプレーし続けていれば、いずれは優勝できるというやつなんだろうね」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 南アフリカオープン選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「GDOゴルフニュース速報アプリ」でログインしてレアグッズが当たるプレゼントキャンペーンを実施中!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。