ニュース

欧州男子WGC アクセンチュアマッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2013年 WGC アクセンチュアマッチプレー選手権
期間:02/20〜02/24 場所:リッツカールトンGC(米国アリゾナ州)

ローリーがマキロイをアリゾナに沈めた

R.マキロイ「自分のすべきことができなかった」

「WGC アクセンチュアマッチプレー選手権」の1回戦で、シェーン・ローリー(アイルランド)が世界ナンバーワンのロリー・マキロイを下した。

アマチュア時代にマキロイとチームメイトだったローリーは、11番ホールと12番でチップイン、そして13番ではコンシードとなるイーグルを奪い、2アップとした。

いまゴルフ界で最もホットなマキロイは14番と16番ホールを取ったが、15番ホールではサボテンのエッジから左打ちでバンカーへ入れてしまい、さらにそこからの3打目でグリーンをオーバーさせて、さらなるトラブルとなった。陽はふたりが最終ホールを戦い終えるまで何とか持ち、ローリーがバンカーに2度入れれば、マキロイもグリーン横のワナにつかまり、彼がほとんど奪ったと思われるホールでローリーがグリーンに乗せそれを沈め勝つという展開だった。

トップシードが初戦で敗退するのはこの4年で3度目だ。ルーク・ドナルドは昨年アーニー・エルスに負け、2010年にはスティーブ・ストリッカーがロス・マクゴワンに敗れた。

「今日はドライバーの調子がとても良かった。もっとそれを有利に活かせていたら今日の結果は違っていただろうね」とマキロイ。「今日は前半で3アップか4アップは取ることができたはずだった。でもローリーを戦いに引き戻してしまい、そしてそこから彼に連取もされてしまった」。「今日は自分のすべきことができなかったな」。

そして第2シードのタイガー・ウッズもチャールズ・ハウエル3世に敗北を喫した。この大会3度の優勝経験をもつウッズは同じく3度目となる初戦敗退となった。ピーター・オマレーとトーマス・ビヨーンは過去に初戦でウッズを破った経験を持つ。

「最終ホールでパーが取れたことは良かったね。そして何よりウッズに勝てたことが良かった」。「最後のパットでは膝が震えたよ。またふたつのチップインも大きかった。今日は必要だった運にも恵まれたよ。そしてキャディに、ウッズはそのことをちょっとも好まないだろうね、と言ったんだ」とハウエルは話した。

2回戦の注目は欧州ライダーカップ代表の激突 ローズVSコルサート
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 WGC アクセンチュアマッチプレー選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!