ニュース

欧州男子ヨハネスブルグオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 ヨハネスブルグオープン
期間:02/07〜02/10 場所:ロイヤルヨハネスブルグ&ケンジントンGC(南アフリカ)

勝利を狙うスターンとフィッシャー・ジュニアが首位に

7アンダー「65」で2日目を終えた南アフリカ出身のリチャード・スターンは、トレバー・フィッシャー・ジュニアと並び、ヨハネスブルグオープンのトップに立ち、2週連続でトーナメント前半を首位で折り返すこととなった。

背中の怪我により失意のシーズンとなった2010年、そして2011年だったが、それ以前はヨーロピアンツアーで5度の優勝を経験している31歳のスターン。ロイヤルヨハネスブルグ&ケンジントンゴルフクラブ西コースでの驚異的な「63」に続き、より難易度の高い東コースでも7バーディを奪い、ここまで通算15アンダー。

<< 下に続く >>

スターンは先週の大会で、最初の2ラウンドを1打差のトップで終えていたが、最終的にはステファン・ギャラハーに続く2位。しかし、今週は優勝に向けてひた走っている。

「やるべきことをやり、パットもよく決まりました。トップで週末に臨めるのは何よりです」とスターン。「週末は難しい戦いになるでしょう。5、6打ビハインドの選手でもまだ十分追いつけますから。チャールもいますし、ジョージも勝ちにくるでしょう。まだまだ先は長いです」。最初のホールでバーディを獲った後、4番、7番ホールと続き、更に9番ホールで8フィートのパットを決め、アウトを「33」で終えた。

15番ホールではピン側5フィートへの素晴らしいアプローチを見せ、後半17番と18番ホールではバーディラッシュとなり、フィッシャー・ジュニアに追いついた。それは、フィッシャー・ジュニアが既に西コースを「62」というチャール・シュワルツェルが作った記録まであと1打に迫る好成績で終え、十分なリードを保ってホールアウトした後の追撃だった。

出場選手たちは、東コースで行われる週末の決勝ラウンドへ進む前に、東西各コースで1ラウンドずつプレーしなければならないが、初日に東コースで「66」と素晴らしいスコアを出した33歳のフィッシャー・ジュニアは、2日前にサンシャインツアー選手のプレーヤー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた実力を見せつけた。

7バーディ、1イーグルと好成績を残した昨年3位の彼は、「とてもいい日になりました」と述べ、「全て思い通りに行きましたね。沈めるべきパットは沈めましたし」と付け加えた。「今日は嬉しく、そして我慢強く戦った一日でした。ゆっくり歩いて、全てをゆっくりやりましたね。いい一日でした」

ジョージ・クッツェーも、この大会で2度優勝を経験しているシュワルツェルが記録したコースレコードに1打差まで迫るスコアで2日目を終えた。彼が記録した「64」は2009年のマスターズ王者が東コースで残した記録に1打及ばなかった。この日8つのバーディを獲った彼は、通算12アンダーとし、トップから3打差の位置に付けている。なかでも10番ホールでピン側3フィートにつけたアプローチはとりわけ見事なショットだった。

シュワルツェルは西コースを「65」で終え、同国出身のキース・ホーンとチリ出身のフェリペ・アギュラーと並ぶ4位タイ。世界ランク18位の彼にとって、フィッシャー・ジュニアの名がリーダーボードの天辺にあることは、驚きではないようだ。

「南アフリカのアンダー23で、4人でチームを作って一緒にプレーしたことがあるので、彼がどれだけ優秀な選手が知っています」とシュワルツェルは話している。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ヨハネスブルグオープン




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!