ニュース

欧州男子の最新ゴルフニュースをお届け

伝説のスコアカード: ヴィースベルガー破竹の9連続バーディ

2017年の「メイバンク選手権」で、ベルント・ヴィースベルガーがヨーロピアンツアー史上初となる9ホール連続バーディを記録した。

マレーシア・サウジャナG&CCでの2日目は、ヴィースベルガーにとって忘れ難い日となった。プリファードライの適用により、公式記録とはならなかったが、オーストリア人選手が36ホール終了時点で首位に浮上することとなる9アンダーの「63」をたたき出した圧巻のパフォーマンスが色褪せることはない。

ヴィースベルガーによる瞠目のチャージは7番ホールから始まった。その後は切れのあるアイアンショットが奏功し、長いパットを決めた11番で連続バーディを5ホールとし、一躍優勝争いに加わった。

第2打をグリーン横へ運んだパー5の13番でもバーディを奪い、その日を首位と6打差でスタートしながらも、見事なショットでバーディをお膳立てした14番でトップに躍り出た。

この連続バーディは、ヴィースベルガーがフリンジから7.5mのバーディパットを残した15番で途切れるかに見えたが、これをねじ込み、破竹の9ホール連続バーディを成し遂げたのである。

当時ヴィースベルガーは「本当に良いショットが打てたし、とにかく落ち着いてプレーできた。言ってみれば、自然な感じだったんだ」と自身のプレーを振り返った。

「かなりショットの調子が良かったので、決めなければならないロングパットは2つしかなかった。9個目のバーディとなった15番のパットと、6mほどあった11番のパットだね。それ以外は、かなりピンの側へつけることができ、グリーンの転がりが手に取るように分かったので、とても良かった」

ヴィースベルガーはその後の2日間を「73」と「66」でラウンドし、優勝したファブリシオ・サノッティと2打差の通算17アンダー3位タイで大会を終えた。

その後、2019年2月に開催された「ISPSハンダ ヴィックオープン」で、オーストラリアのジェームス・ニティーズが公式記録としてヨーロピアンツアーで初めて9ホール連続バーディを達成した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!