ニュース

米国シニア全米シニアプロ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 全米シニアプロ選手権
期間:05/22〜05/25 ハーバーショアGC(ミシガン州)

日本勢2年連続メジャー制覇なるか 室田淳が首位浮上で決勝Rへ

ミシガン州のハーバーショアGCで行われている米国シニアメジャー「全米シニアプロ選手権」の2日目、63位から出た室田淳が、2イーグル、3バーディ、1ボギーの「65」(パー71)で急追し、通算4アンダーで一気に首位タイへと浮上した。

7時50分に10番からスタートし、スコアを2つ伸ばして迎えた後半の5番パー5(573ヤード)。ピッチングウェッジで放った残り126ヤードの第3打は、アゲンストの風に負けずグリーンを捕らえ、そのままカップイン。最終9番のパー5(578ヤード)でも再びイーグルを奪い、一気に首位戦線へ躍り出た。

「フェアウェイはキープ出来ていた」と、初日の出遅れにペースを乱されることなく、好調なショットでチャンスに繋げた。初日に課題として挙げていたパッティングは、「昨日も今日もあんまり入ってない。こっちはストレートラインがないグリーンだから」としながらも、納得の表情で決勝ラウンドへ向かう。

「残り2日は楽しくやります。いい状態をキープしてプレーするだけ」。2011年は3位、昨年は単独5位でフィニッシュするなど、毎回コースを変えて開催される大会ながら相性の良さも感じさせる。昨年は井戸木鴻樹が日本勢としては初めてメジャー制覇を達成した大会でもある。

「私は井戸木にはなりませんよ(笑)」と、冗談交じりにスポットライトへの無関心を強調しつつ、いぶし銀は手応えへの自信を漂わせた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 全米シニアプロ選手権




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。