ニュース

米国シニアの最新ゴルフニュースをお届け

フェアウェイの孔雀 ダグ・サンダース氏が86歳で死去

カラフルなファッションで知られ、米ツアー通算20勝を挙げたダグ・サンダース氏が12日、米テキサス州ヒューストンで亡くなった。86歳だった。PGAツアーは自然死と伝えている。

1933年7月24日、ジョージア州シーダータウン生まれ。独学で学んだコンパクトでフラットなスイングが特徴で、フロリダ大時代の56年にアマチュアとして「カナダ・オープン」で初優勝。直後にプロ転向し、57年シーズンからツアーに参戦した。

61年に5度の優勝を果たすなどツアー通算20勝。メジャーは59年「全米プロゴルフ選手権」、61年「全米オープン」、66年、70年「全英オープン」と4回の2位。メジャーでのトップ10入りは13回あるが、優勝には届かなかった。

なかでも、70年の全英オープンは、首位で迎えた最終日最終ホールで約80cmのパットを外して優勝を逃し、「ゴルフ史上最も有名なショートパットのミスの一つ」として、いまも語り草となっている。翌日、ジャック・ニクラスとの18ホールのプレーオフで惜敗した。

ファッショナブルなウェアをツアーに持ち込んだことで知られ、73年にはエスクァイア誌でアメリカの「テン・ベスト・ドレスド・ジョックス」(アスリートのベストドレッサー10人)の1人に選ばれた。流行を追うおしゃれな人などを意味する「clothes horse(洋服の馬)」を自称、359足のゴルフシューズやドレスシューズを所有したという。また、そのカラフルさから、「フェアウェイの孔雀」とも称された。

50歳になるとPGAチャンピオンズ(シニア)ツアーで活躍、218大会に出場し、83年には「ワールドシニア招待」で優勝。 83年から94年までは同ツアー「ダグ・サンダース・セレブリティ・クラシック」の司会も務めた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!