ニュース

米国シニアブリヂストン・シニアプレイヤーズ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2019年 ブリヂストン・シニアプレイヤーズ選手権
期間:07/11〜07/14 場所:ファイヤーストーンCC(オハイオ州)

ゴルフ殿堂入りから1カ月 グーセンが米シニア初優勝

◇米国シニア◇ブリヂストン・シニアプレイヤーズ選手権 最終日(14日)◇ファイヤーストーンCC (オハイオ州)◇7400yd(パー70)

メジャー通算2勝のレティーフ・グーセン(南アフリカ)が、今年2月から加わったシニアツアーで初優勝を飾った。首位に1打差の2位から出た最終日に「68」をマークし、通算6アンダーで逆転。6月上旬に世界ゴルフ殿堂入りを果たしたばかりの50歳が、初めてのシニアタイトルを手にした。

「全米オープン」2勝(2001、04年)を含む米ツアー7勝、欧州ツアー14勝を誇る名手も、2009年の南アフリカツアー「アフリカオープン」を最後にタイトルから見放される時期が続いた。「最後の優勝は10年前のことだ。神経質にもなっていたけれど、自分でも驚くほど落ち着いていた。自分がすべきことを、しっかりと理解することができていたんだ」。1イーグル4バーディ、2ボギー1ダブルボギーと出入りの激しい内容ながら、上り2ホールの連続バーディで勝利を呼び込んだ。

年間5試合が組まれるメジャー大会の今季4戦目は、昨年まで世界ゴルフ選手権「WGCブリヂストン招待」の会場だったオハイオ州アクロンで開催。シニアに移りながらも当時と同じ7400yd、パー70の設定で行われ、「実に信じがたいコースだ。グリーンに近づくこともバーディを奪うこともタフだった」とルーキーのグーセンも距離との戦いを強いられた。

「それだけに、フェアウェイを捕らえることが最優先だった。左右から風が吹いていたので容易ではなかったが、何とかやり遂げることができたよ」。最後の17番と18番は、いずれもフェアウェイを捕らえての連続バーディフィニッシュ。後続を2打差で振り切り、両手を高々と上げてギャラリーの歓声に応えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ブリヂストン・シニアプレイヤーズ選手権

  • 2019/07/11~2019/07/14
  • 賞金総額:2,800,000US$
  • ファイヤーストーンCC(オハイオ州)



特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!