ニュース

アジアンタイランドゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 タイランドゴルフ選手権
期間:12/11〜12/14 場所:アマタスプリングCC(タイ)

市原弘大 バッバは「すごくナイスガイだった」

タイ・バンコク郊外にあるアマタスプリングCCで行われたアジアンツアー「タイランド選手権」の3日目、4バーディ、4ボギーの「72」で回った市原弘大は通算2オーバーで13位タイ。首位とは7打差ながら、「全英オープン」出場権が獲得できる“12位以内で資格を持たない上位4人”を狙える位置で最終日へと駒を進めた。

最終18番はグリーン右サイドからのアプローチをOKに寄せてパーセーブ。「今日はほとんどあんな感じ」と、好調なパターをはじめ、ショートゲームでスコアをまとめた。

<< 下に続く >>

この日、同組となったのはマスターズチャンピオンのバッバ・ワトソンだ。「世界ランク的に言うと、(今まで一緒に回った中では)最上位」と、朝はいつも以上に力が入った。スタートホールの1番は、「力んで引っ掛けそうだったので右に逃げた」と深いラフに入れ、一度で出ずに3打目はグリーン手前のバンカーへ。なんとか1パットでボギーとした。

だが、続く2番(パー5)でフェアウェイ、ファーストカットとつないで、3打目をPWで3mへ。このパットを沈めて「これが出来れば大丈夫」と落ち着きを取り戻した。

市原の緊張を見越してか、ワトソンは気安く話しかけてくれたという。「ラフが深くてボールを踏んじゃうかもしれないから気をつけてって言ってくれたり、ナイスショットとか言ってくれたり。すごくナイスガイだった」。

「三井住友VISA太平洋マスターズ」で来日したばかりのワトソンとは、日本の話題で盛り上がった。「日本は素晴らしいって言ってくれた。また行きたいと」。ちょっぴり後悔があるとすれば、流ちょうな英語で返せなかったこと。「それが一番悔しいかも(苦笑)」。

「一生懸命振ったので、体が疲れました」という心地良い疲労感に包まれながら、この日の18ホールを振り返った市原。「良い緊張感の中でプレーができたので、明日もしっかり調整してやりたいです」。一発狙うのは、セントアンドリュース行きのチケットだ。(タイ・チョンブリ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 タイランドゴルフ選手権




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!