ニュース

アジアン香港オープンの最新ゴルフニュースをお届け

年末に長男誕生 浅地洋佑は“父”初のV戦線へ

2020/01/10 19:22


◇アジアンツアー◇香港オープン 2日目(10日)◇香港GC(香港)◇6701yd(パー70)

午前スタートとなった2日目に1イーグル4バーディ、2ボギーの4アンダー「66」。浅地洋佑は通算5アンダーとして、首位と4打差7位に浮上した。

<< 下に続く >>

「セカンドの精度はあまり良くなかったけど、パターがよく入ってくれた。3、4mはほぼ決まった」とグリーン上でスコアをまとめた。13番(パー5)では、残り230ydから5Wで5mに乗せてイーグル奪取。「練習ラウンドしたときから、距離も短いし、日本のコースに似ている雰囲気があった。チャンスはあるなと思っていました」という第一印象を裏付けてみせた。

新しい年、新シーズンを迎えているが、浅地にとってはもう1つ新しいことがある。昨年12月22日に待望の第1子が誕生した。奏汰(そうた)と名付けた男の子で、今週は父としての初戦でもある。「幸先良しですね」とちょっぴり慣れない父親の顔をのぞかせた。

昨年末は「インドネシアマスターズ」(12月15日閉幕)に出場したが、翌週の「タイマスターズ」(22日閉幕)は見送って、妻・智子さんの出産に付き添った。「生まれる前は大丈夫かなって心配だったけど、生まれたら安心しました。“自分の子ども”っていうフィルターを通してみると、めちゃくちゃかわいいですね」と照れ笑った。

「(父としての)自覚はもちろんあります。稼いで帰らないといけない。ちゃんとしないといけない。あとは、父親らしいところを見せないといけないなって」。26歳のお父さんは、日本に残した家族のために、ひとり海外で奮闘している。

次週はシンガポールへ連戦予定で、帰国はその後。「変更不可のチケットなので、予選落ちで週末観光ってならなくて良かったです。とりあえずほっとしています」と、最低ラインは大きくクリア。留守を預かる家族の元へ、日曜日には朗報を届けたい。(香港/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 香港オープン




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!