ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

金谷拓実は苦渋の15位 6打差を追い週末へ

2018/10/05 20:28


◇アジアパシフィックアマチュアゴルフ選手権 2日目(5日)◇セントーサGCニュータンジョンC(シンガポール)◇6847yd(パー70)

この2日間、なかなか波に乗り切れない。日本勢で世界アマチュアランキング最上位(22位)につける金谷拓実(東北福祉大2年)は、初日「69」、2日目「69」として通算2アンダー15位とした。この日は序盤に5バーディを先行させながら、残り10ホールで4つスコアを落とす内容に、大きく息を吐きだした。

金谷の顔面から滴り落ちるあぶら汗は、暑さばかりが原因ではないようだ。「自分に期待している部分は大きかった」という反面、結果が伴わない。この日は5バーディの後、折り返しの18番でティショットを大きく右に曲げてボギーとすると、後半4番(パー3)では池につかまりダブルボギー。最終9番もショットが乱れてボギーとした。

「前半は良かったけど、後半は悪かったので意味ないです」と、口調にも怒気がこもる。周囲の期待から来るプレッシャーや、大会への強い思い入れの影響は「結果で示されるものなので、いまはなんとも言えないです」と言葉を濁した。

首位と6打差で残りは36ホールとなった。「あすはそれなりにスコアを出さないといけないので、しっかりと切り替えたい。修正点は全部だけど、まだあきらめずにやりたいです」と懸命に前を向いた。(シンガポール・セントーサ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。