ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

中島啓太が7位に浮上 首位はフィリピンと中国の2人

2018/10/05 19:23


◇アジアパシフィックアマチュアゴルフ選手権 2日目(5日)◇セントーサGCニュータンジョンC(シンガポール)◇6847yd(パー70)

照りつける熱帯の太陽の下で行われた大会2日目。10位から出た中島啓太(代々木高3年)が5バーディ、3ボギーの2アンダー「68」で回って、通算5アンダーの7位に浮上。通算8アンダーの首位にルロイド・ジェファーソン・ゴー(フィリピン)と2015年大会覇者の金誠(中国)がつけている。

前日に続き、ショットに違和感があったという中島は、ラウンド中に試行錯誤を続けていた。この日、打つ前に取り入れた素振りのパターンは6種類。ティショットをフェアウェイに置けたのは、14ホール中わずかに3ホールだけだったが、傷口を最小限に留めつつ、チャンスを確実にものにして、スコアを伸ばすことに成功した。

日本勢は7位の中島を筆頭に、通算3アンダー12位に大澤和也(日本大学4年)、通算2アンダー15位に丸山奨王(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)と金谷拓実(東北福祉大2年)、通算イーブンパーの28位に呉司聡(イーストテネシー州立大)とした。

一方、通算7オーバーとした大西魁斗(南カリフォルニア大)は、カットラインに1打届かず予選落ちに終わっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。