ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

GDOアマ全国大会優勝の4人組 勝因は「あうんの呼吸」

2018/03/19 19:30


ゴルフダイジェスト・オンラインが主催する「GDOアマチュアゴルフトーナメント チームスクランブル戦」の全国大会が19日(月)、静岡県の川奈ホテルゴルフコース富士コースで行われ、チーム“TMMK54”(大山和則さん、飯島辰雄さん、千葉実さん、森田正浩さん)が15アンダーの「57」をマークし見事栄冠を手にした。

インからスタートしたTMMK54は、スタート直後からの6連続バーディを含む7アンダーでハーフターン。後半も失速することなく3番(パー5)ではイーグルを奪取するなどさらに8つ伸ばし、通算15アンダーを叩き出した。茨城県在住のゴルフ仲間で平均年齢は55歳。チーム名は年齢ではなく、4人の名前の頭文字と、目標スコアにしている全ホールバーディのスコア「54」からとったという。

もともと個人戦の競技ゴルフに出場している4人で、出会いも「競技」を通じてだった。キャプテンの大山さんは、2003年の「関東アマ」で2位になったこともあるほどの実力者。いつしか4人でチーム戦に出場するようになり、家族ぐるみの付き合いにまで発展した現在は「あうんの呼吸で分かり合える仲」だ。

チームスクランブル戦で、4人の呼吸はスコアメークのカギを握る。それぞれの得意なショットを熟知しているTMMK54は、役割分担や打順の決定もスムーズで、グリーン上ではファーストパットを打つメンバーを固定して、続く3人にラインを見せていた。結果、プロでも難解な川奈のコーライグリーンをパット数「22」で攻略。4人は「パターの調子がよかった」と口をそろえて自慢のチームワークに胸を張った。

昨年大会も全国大会まで勝ち進んだが、4位という結果に終わり、悔しい思いを胸に一年を過ごした。目標スコア「54」には届かなかったが、「雪辱は果たせたな」と、4人は笑顔で勝利を分かち合った。(編集部・柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。