ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

テレビイベント「バトル・アット・ザ・ブリッジス」

アメリカのプライムタイムに放送されるテレビイベント「バトル・アット・ザ・ブリッジス」。ゴルフのナイター中継というこのイベントは数年前に始まった新しい試み。第1回はタイガーvsデュバル、翌年はタイガーvsガルシア、2年前がタイガー&ソレンスタムvsデュバル&ウェブ、そして昨年はタイガー&ニクラスvsガルシア&トレビノだった。そして今年は世界ナンバー1と2のタッグとなるタイガー&エルスにミケルソン&ガルシアが挑んだ。

テレビ中継は始まったときはすでに5番ホールを終えており、ゲームが終了したときには東部時間ですでに夜中の12時になろうとしていた。最初のホールはミケルソンのバーディでミケルソン&ガルシア組が1アップ。そして3番でもガルシアが長いバーディパットを沈めて早くも2アップとした。5番ではエルスがグリーン外からのチップインを決めるが、ミケルソンもバーディを決めてドロー。残念ながらエルスのスーパーショットは活きなかった。6番ではまたもガルシアが長いバーディパットを決めて3アップとした。

<< 下に続く >>

タイガーが7番を奪い2ダウンと巻き返しに入った後の8番パー3。タイガーが放ったボールはまっしぐらにピンに向かい、横1メートルにつけてこのホールも勝ち1ダウンまで戻した。ところが続く9番では、ミケルソンが地の利を活かしてガルシアにアドバイス。この「ブリッジス」はミケルソンのホームコースでもあるのだが、読みづらいグリーンのラインをミケルソンが完璧に読み、ガルシアがみごとにパットを決める素晴らしいコンビぶりを披露。このホールをドローとして2人が1アップのまま折り返した。

バックナインに入り、10番でエルスがグリーン脇の厳しい傾斜から上手くマウンドを使ってあわやイーグルというショット。バーディは決めるが、ミケルソンらにもバーディを決められドロー。そして14番、残り241ヤードのフェアウェイバンカーからタイガーが3番アイアンでイーグルチャンス。しかしイーグルパットは決まらず、両組ともバーディでこのホールもドロー。タイガー&エルス組はスーパーショットが勝ちに繋がらない辛抱のゴルフとなった。

結局16番でガルシアがイーグルパットを流し込んみ2アップ。ドーミーホールとなった17番でエルスに長いバーディパットのチャンスが来るが入らず、ミケルソン&ガルシアが3&1で優勝した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!