ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

2007年 ジョンディアクラシック
期間:07/12〜07/15 場所:TPCディアラン(イリノイ州)

「全英」行きの最終チケットを手にしたら、次は移動手段が問題!?

「全英オープン」の出場権を持たない選手の中で、「ジョンディアクラシック」で最高位につけた選手は、大西洋を渡ってスコットランドのカーヌスティへ移動することになるが、スコットランドまでの移動は容易ではないかも知れない。

ルーカス・グローバー
「私は1番目の控え選手なので、この大会での結果に関わらず、スコットランドに移動して、出られるかどうかの可能性を探るつもりです。」

カール・ペターソン
「日曜日の夜9時50分にシカゴを発てば、月曜日の昼頃にエジンバラにつくでしょう。」

ティム・クラーク
「今年、“マスターズ”と“全米オープン”に出られたので、“全英オープン”出場を逃したくありません。今週、何とかいいプレーをしたいと思いますが、移動方法はまだ考えていません。」

クレア・ピーターソン(大会ディレクター)
「2年前、この大会で優勝したショーン・オヘアーはパスポートを持っていなかったのです。そこで、ラウンドが終わる前にホワイトハウスに連絡して、最短でパスポートを取得できる方法を調べました。そして、オヘアーは私達が用意したプライベート・ジェットで、月曜日の朝、フィラデルフィアに移動し、出生証明書を取った上でパスポートを発行してもらい、“全英オープン”では15位につけたので、私達はホッとしました。」

ティム・クラーク
「(スコットランドで)泊まる部屋は確保しましたが、飛行機は予約していません。この大会で優勝できれば、様々な意味で大きな勝利になると思います。」

クレア・ピーターソン(大会ディレクター)
「2006年はジョン・センデンが優勝し、“全英オープ”ン出場を決めましたが、センデンがラウンドを終える2、3時間前から航空券の手配をしました。」

ベルンハルト・ランガー
「出場が決まったら、少しでも早く移動したいですね。6時間の時差がある中、体調を万全の状態に戻すのには2、3日かかります。」

クレア・ピーターソン(大会ディレクター)
「シカゴのオヘア空港から飛び立つ選手のために、リムジンを用意しています。選手がスムーズに移動ができるよう、万全を期しています。」

ゴルフセントラル(C)ザ・ゴルフ・チャンネル

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2007年 ジョンディアクラシック




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!