ニュース

米国男子ヒュマナチャレンジ クリントンファウンデーションの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 ヒュマナチャレンジ クリントンファウンデーション
期間:01/19〜01/22 PGAウェスト(パーマーコース)(カリフォルニア州)

暴風のためサスペンデッドに M.ウィルソンは逃げ切れるか?

◇米国男子◇ヒュマナチャレンジ クリントンファウンデーション3日目◇PGAウェスト・パーマーコース(6950ヤード、パー72)、ラ・キンタ・カントリークラブ(7060ヤード、パー72)、ニクラス・プライベート at PGAウェスト(6924ヤード、パー72)=米カリフォルニア州

3コースで行われるプロアマ戦形式の第3ラウンドは、上空を吹き荒れる暴風のためサスペンデッドとなり22日(日)の最終日に持ち越しとなった。午前中から強く吹いた風により、ラ・キンタ・カントリークラブで午後1時13分に中断。数分後には残り2つのコースでもプレーをストップ。「残念ながらラ・キンタは非常に危険な状態になっている」と順延を判断した。

第3ラウンドをホールアウトした選手はいないが、そのラ・キンタCCを回ったマーク・ウィルソンが通算21アンダーまでスコアを伸ばして暫定首位。3打差の通算18アンダーでベン・クレインが追っている。

さらに17アンダーにはザック・ジョンソン、通算16アンダーの暫定4位グループにジョン・マリンガー、ロバート・ガリガスジョン・センデン(オーストラリア)の3人、通算15アンダー7位タイにも3人がつけるなど、2位以下は混戦状態。積み残しのホールが多い選手も多いため、大逆転の可能性が残る最終日となりそうだ。

唯一の日本勢、今田竜二はこの日ニクラス・プライベートを12ホール消化。しかし3番から4連続ボギーをたたくなど前半に苦しみ、通算3アンダーの暫定109位タイまで後退した。

最終日は第3ラウンドの積み残し分からプロだけによるラウンドとなり、予選カット後の最終ラウンドはパーマーコースで行われる。

2012年 ヒュマナチャレンジ クリントンファウンデーション




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~