ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

「FedExCup」プレーオフを終え、選手たちからは様々な反応が・・・

9ヶ月に渡って争われてきた「FedExCup」。4試合のプレーオフに入り、初戦をタイガーが欠場するなど、その方式については色々と物議をかもしていた。しかし終わってみれば、これまでのシーズンにはなかったような見事な盛り上がりを見せたことは疑う余地はない。とは言え、実際にプレーオフを戦った選手たちからは、様々な意見が飛び交っているようだ。

タイガー・ウッズ
「プレーオフについてですが、賞金ランクのシード選手でさえ125位までなのに144人の出場枠は多すぎますね。やはり招待試合という意味合いからしても、プレーオフの初戦とはいえ、長いシーズンを戦った後で、フル・フィールドの人数で行うのはおかしいと思います。」

ブラント・スネデカー
「32人でスタートするマッチ・プレーとほぼ同じ、30人の選手が最後に残り1,000万ドルをかけて争うのは、すごいことですし、ファンはみんな、テレビに釘付けになっていたでしょう。」

スティーブ・ストリッカー
「少なくともプレーオフ4試合には、トップの選手たちが出場するように何か方策を講じるべきでしょうね。」

ロバート・アレンビー
「プレーオフ4試合が終わった後に、さらに7試合(来季のシード権を巡る、賞金獲得レース)が行われるのも変ですね。シード権を確保した選手は、出る必要がないということなんでしょうけどね。」

フィル・ミケルソン「もちろん、多少の変更は必要になって来るでしょう。そう願っていますが、最初の年としては上出来ですし、さらに良くなると思いますよ。」

マーク・カルカベッキア
「プレーオフに関しては、やはり4試合出場すべきでしょうね。もちろんタイガーは3試合で2勝ですから、文句なしといえるのかも知れません。ただ、4試合すべてに出場することへのメリットがもっとあっても、いいと思いますけどね。」

はたして、トップランクのプレーヤーたちに、4試合連続でプレーさせることは難しいことなのだろうか? ただ2008年は、プレーオフの直後に「ライダーカップ」が予定されており、スケジュールの変更も注目点となりそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!