ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

2008年 全英オープン
期間:07/17〜07/20 ロイヤルバークデール(イングランド)

「全英オープン」出場を逃した主な選手

カミロ・ビジェガスやスティーブ・エルキントンといった大物は、予選会に出なかったケニー・ペリーと共に、「全英オープン」の週は、同週に開催される米国PGAツアー「USバンク選手権」に出場するかもしれない。

また、イングランドのサニングデールでも「全英オープン」の予選会が行なわれ、18の出場枠を求めての戦いとなった。こちらでも、大物が悔しい思いをしている。「マスターズ」2勝のホセ・マリア・オラサバルはプレーオフで敗退。しかし、控えの選手として出場を狙うことになった。ダレン・クラークは91年以降、毎年、「全英オープン」に出場していたが、前半18ホールの74が響いて予選会を突破できず、「“全英オープン”の週は釣りを楽しむ」と話していた。

その他、出場権を獲得できなかった主な選手は、オラサバルやクラークと一緒に「ライダーカップ」に出場したポール・マギンリーやトーマス・ビヨーン。2007年大会では、ベストアマチュアとして活躍したローリー・マキロイ。また、トーマス・レベは2002年、ミュアフィールドでプレーオフの末にアーニー・エルスに敗れた過去を持つ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 全英オープン




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。